猫と漢字で木版画 くつろいだり、悩んだり…人のような猫たち

「米」の版画を手にする大野隆司さん=前橋市天川大島町3丁目
「米」の版画を手にする大野隆司さん=前橋市天川大島町3丁目

 35の漢字をモチーフに、猫たちがじゃれ合ったり悩んだりする木版画展が、前橋市天川大島町3丁目のアートギャラリーミューズで開かれている。版画家の大野隆司さん(66)=東京都葛飾区=が、元NHKアナウンサーの山根基世さんの著書から着想を得て、制作した。大野さんは「難しく考えずに、思い思いの感覚でめでてほしい」と話す。


「米」は、お茶わんに盛られたご飯を、猫が目を「米」の字に光らせて見つめる作品。猫の胴体は稲でできている。よく見ると猫の口元には、ごはん粒。大野さんは「ご飯を食べられる喜びを、この猫は感じています」。


 35の漢字をエッセー風に紹介する山根さんの著書「感じる漢字」(自由国民社)を手にしたのがきっかけという。「読んだとき、漢字が映像になって頭の中に浮かんできた」といい、20年以上描いてきたなじみの猫たちと一緒に版画にした。

 

「温」は、猫が気持ちよさそうに風呂に浸かる様子を描いた。温の字の「さんずい」をイメージしたという=前橋市天川大島町3丁目
「温」は、猫が気持ちよさそうに風呂に浸かる様子を描いた。温の字の「さんずい」をイメージしたという=前橋市天川大島町3丁目

「温」「和」「食」など、猫たちがくつろいだ表情で描かれた絵がある一方、「想」「迷」「省」など、猫が人間のように思いにふけったり、悩んだりしている様子の作品も並ぶ。大野さんは「いい『感じ』の出来です」と話した。


 30日まで。日曜休み。問い合わせは同ギャラリー(027・243・3888)へ。


(山崎輝史)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。