ギリシャ人が愛する「おそとでごはん」 猫も一緒に

なにかおいしいもの……ひと口もらえませんかねー (シロス島)
なにかおいしいもの……ひと口もらえませんかねー (シロス島)

 ヤーサス!


 4回目の今日のテーマは、ギリシャの外食×猫たち。


 ギリシャ人は外食が好きだな、と思います。日本に比べたら大抵の国はそう見える気もしますが……。そして天気さえ良ければ、コーヒーも食事も屋外で楽しみたいようです。

 

(末尾に写真特集があります)

 

 ギリシャは晴れの多い国だし(日本でいう「うす曇り」ぐらいの天気の日に「何だよ、今日は天気が悪いなぁ」と機嫌の悪い人が増えるほど!)、夏にパラソルの下で楽しむのはもちろんのこと、冬はコートを着てヒーターを置き、透明の囲い(フォトギャラリー参照)を作ってでも「屋外」を感じたいようなので、年がら年中、「外食=屋外」なのです。


 お店も人々の好みに合わせていて、店内だけでなくお店のすぐ外側、そして道の向かい側にもたっぷりとテーブルセットを置いています。レストランやタヴァ―ンの多い地域なら、お店が歩行者専用道路に面している場合、人ひとり通る分だけしか道があいてない、なんてこともしばしば。


 そして外の席はにぎわっていて店内の席はガラガラ。夏は店内の2階席などは物置になっていることも。エアコンの涼しさよりも日ざし! 夏に乾燥しているからできることかもしれません。

 

歩行者専用道路にあるタヴァーン通り。夜の混む時間はウェイターや店を選ぶ客などであふれ、すれ違うにも神経を払います (シロス島)
歩行者専用道路にあるタヴァーン通り。夜の混む時間はウェイターや店を選ぶ客などであふれ、すれ違うにも神経を払います (シロス島)

 そして、人々の屋外好きの恩恵を受けるのは猫、時々犬。


 人が屋外のテーブルに着くやいなや「おこぼれ、もらえませんか~?」と寄ってきます。島など、観光客が多い地域の猫は人に慣れているし、観光客の気前の良さを知っているようです。


 また、島には波打ち際ギリギリまで席があるお店も多いので、魚や鳥もパンなどを食べに寄ってきます。古くなってしまったパンを大量に海に投げ捨てている店員さんを見てびっくりしたら、魚やカモメが食べに来ていて納得、ということもありました。

 

風車を改装したレストラン、波打ち際までテーブル。もちろん屋外席が人気。席からそのまま海に入ったり、魚に餌をやって楽しめます (スキアソス島)
風車を改装したレストラン、波打ち際までテーブル。もちろん屋外席が人気。席からそのまま海に入ったり、魚に餌をやって楽しめます (スキアソス島)

 可愛いからと何も考えずに餌をあげて良いかというと、難しい部分も。


 動物がテーブルまわりに来るのを好まない人もいるし、動物の食べ残しが汚いとお店の評判も悪くなります。繁殖の問題もあります。一方、「ギリシャの島は猫でいっぱい」というのは世界中に有名な話なので、彼らは観光資源でもある……。この問題は、あまり単純ではありません。


 でも、お店の人々は工夫をして上手に共存しているように見えます。お店の裏で餌をあげる、猫や犬が近くにいない席を望むお客さんの要望には応える、こまめに水を使って掃除する(これができるのは屋外ならではですね)など。


 飼われていたり、居候のように住み込んで看板猫になっていたりする子は可愛いだけでなく、ネズミや虫を防ぐという猫本来の役割を果たしているということもあるそうです。

 

看板子猫。この子がタヴァ―ンの入り口に立っていて、人なつこいからそれに惹かれてお店に入っていく人も多い……私と友人もその一組でした(スキアソス島)
看板子猫。この子がタヴァ―ンの入り口に立っていて、人なつこいからそれに惹かれてお店に入っていく人も多い……私と友人もその一組でした(スキアソス島)

 ギリシャの、「あまり難しく考え過ぎず、シンプルにみんなが楽しめる道をとれば良いよね」という雰囲気がとても好きです。動物も、人の近くに居ながら、より動物らしくのびのびとしているように思います。

 

ごはん………(じっとり)(シロス島)
ごはん………(じっとり)(シロス島)

 長い夏の間に遊びに来て、猫や魚が視界に入るのを感じながら屋外での食事を楽しんでいただけたら、ギリシャのおおらかさを、より深く味わっていただけるのでは…と思っています!


 それではまた。タレメ・シントマ(また会いましょう)!

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。毎日日替わりで、朝7時にワンコ、夕方16時にニャンコを紹介します。sippoの今日の「かお」になりませんか?

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。