動物写真家・岩合さん 忘れられない言葉は「100%を望むな」

フォト・エッセー集「世界のねこみち」から
フォト・エッセー集「世界のねこみち」から

■100%を望むな

 1974年、動物写真家の父とともに初めて南極での撮影に臨んだ。氷山やペンギンの構図、光の方向……。頭には完璧な写真があった。10代から多くの作品に触れ、「自分なら」と考えてきた。「若くて血気盛んですから。自信はありました」


 観光客とゴムボートで上陸し、滞在時間は1時間ほど。頭に描いた場面は現れない。青く写るはずの氷山は、曇ると冷蔵庫の氷のように。動物は思うように動かない。


 いつもボートで一緒になったのが、ツアーのPR映像を撮っていたドイツ人カメラマン、フランツ・ラッツィだった。ラウンジでお茶をした時、意外な言葉を投げかけられた。


「100%を望むな」


 意表を突かれた。ペンギンを撮影していた時には、「そんなに怖い顔をするな。ペンギンだって怖がってしまうじゃないか」とも言われた。


「ハッとしました。その時の僕は、ペンギンの気持ちなんて考えていなかった」。「100%」は自分で考えた完璧な写真像。それにとらわれ、目の前の被写体をよく見て考えてはいなかった。以来、対象をもっと見るようにはなったが、「100%」の呪縛はつきまとった。

 

東京・四谷の事務所周辺には、古い路地が残る。「この周りにも猫はいますよ」=東京都新宿区、村上健撮影
東京・四谷の事務所周辺には、古い路地が残る。「この周りにも猫はいますよ」=東京都新宿区、村上健撮影

 8年後、妻子とアフリカ・セレンゲティ国立公園に移住した。狙いはライオンの狩り。撮れない日々が続いたある日、車が故障し、機材を残して38キロを歩いて帰った。


 翌日、車を回収しに行く途中で川沿いのキリンが目に入った。アカシアのとげをものともせず、無心に葉を食べる姿。カメラもなく、ただ見つめるために車を止めた。その時、ラッツィの言葉が浮かんだ。「これが彼の言ったことだったんだ、と」


 ライオンだけを追うのをやめた。朝出会った動物を1日見続け、輝く瞬間があればシャッターを切る。こうして撮ったライオン親子の写真が、日本人初の「ナショナル・ジオグラフィック」の表紙になった。


 近年は猫の撮影に大半を費やす。駆け出しの頃、野良猫の写真を「汚い猫」と編集者に一蹴された。「今思うと汚く写っていたのでしょう。輝く瞬間を撮りきれてなかったのかな」。今や写真展は大盛況だ。身近で最も魅力的な猫。その味方を増やすため、


「もっともっと輝く瞬間を捉えたいですね」。


(帯金真弓)


岩合光昭(いわごう・みつあき)1950年東京都生まれ。19歳の時、ガラパゴス諸島訪問を機に動物写真家を目指す。80年、木村伊兵衛写真賞受賞。「岩合光昭の世界ネコ歩き」(NHK・BSプレミアム)の劇場版が今秋公開予定。

 

<関連記事>

岩合さんが出会った自由気ままな“世界中の猫たち” フォトエッセー集「世界のねこみち」

猫の撮影テクニック、“猫写真家”20人が解説 専門誌「デジタルカメラマガジン」が猫特集

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。