名前を呼んで叱らない、「お座り」が大切…… 愛犬のしつけ教室

教室に参加した犬と飼い主たち=東京都東村山市の東村山中央公園
教室に参加した犬と飼い主たち=東京都東村山市の東村山中央公園

 犬を散歩させる際のマナーやしつけ方などを知ってもらおうと、東村山中央公園(東京都東村山市富士見町5丁目)は28日、公園内で「愛犬との暮らし方教室」を開いた。約40組の犬と飼い主が参加。公認資格を持つインストラクターが「名前を呼んで叱ってはダメ」などと伝えた。


 府中市内でしつけ教室などを経営し、今回の講師を務めた今村真也さん(35)によると、最も大切なのは「お座り」。エサを与えず1度の指示で「お座り」ができれば、リードが離れた時の脱走防止や犬同士のケンカが始まった際のトラブル回避につながるという。


 犬の褒め方は2種類あり、頭や首をもしゃもしゃなでると、犬のテンションを上げる。毛並みに沿ってゆっくりなでると、犬は落ち着く。お座りは動きを止めさせる指示なので、「お座りができたら落ち着かせる褒め方を」と今村さん。そのほか「名前を呼んで叱ると、犬にとって自分の名前が叱られるキーワードとなり、呼ばれたら逃げる犬になる」といったしつけの基本を伝えた。


 オスのシバイヌ・かぼす(11カ月)と参加した近くの会社役員笠井雅弥さん(54)と妻の律子さん(48)は「名前で叱っていました。理にかなっていて、勉強になりました」。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。