「ギャンブルに負けた憂さはらしに…」猫を踏んで殺した疑い

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 路上で猫を踏みつけて死なせたとして、愛知県警は25日、名古屋市南区の会社員の男(39)を動物愛護法違反(殺傷)容疑で書類送検した。県警への取材でわかった。男は「ギャンブルに負けた憂さ晴らしでやった」と容疑を認めているという。


 捜査関係者によると、男は5日午前2時半ごろ、同市熱田区神宮2丁目の路上で、近くのバイク店経営男性の飼い猫を足で踏みつけ、死なせた疑いがある。


 猫が死んでいるのを見つけた男性が防犯カメラを確認したところ、猫を踏みつけている男が映っていたという。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。