夫婦と雄猫4匹が同居 猫だらけの家は「賑やかな猫男子寮」

チューチューと秋夫妻(2017年1月)
チューチューと秋夫妻(2017年1月)

「去年、銀婚式を迎えましたが、猫が絶えたことがない。今は雄ばかりの猫男子寮ですが、楽しいですよ」

 

 作曲家の秋透さん(60)と、妻で同業の敦子さんの家は、東京都町田市の住宅街にあるテラスハウス(2階建て・3LDK)。現在、9歳から14歳までの4匹の雄猫と暮らしている。

 

(末尾に写真特集があります)

 

 まずはこちらへ、と1階の居間に通されると、そこにキジトラの猫がのんびりと寝ていた。

 

「9歳のチューチュー。ここに引っ越して5年めに迎えた元野良の子です」

 

 

リビングに住むチューチュー。日中はママと一緒
リビングに住むチューチュー。日中はママと一緒

 もともと夫妻はこの家に猫3匹を連れて越してきた。当時生後4か月だったシャム猫の兄妹カムイとコンコ、生後2か月だった雑種の雌オーチャンだ。

 

 1年後に、生後7か月までペットショップにいたアメショーの雄クーカイが加わり、その翌年には譲渡会で会った生後2か月の雑種の雄アポロが加わった。

 

 あっという間に猫5匹(雄3匹、雌2匹)の大家族になった。それと同時に、男同士のバトルが勃発した。

 

アポロ。趣味はクーカイをからかうこと
アポロ。趣味はクーカイをからかうこと

「アポロが来てから クーカイがストレスで1階のピアノの下にマーキング(匂いつけ)を始め、そうしたら、それまでしなかったカムイまでするようになって」

 

 

トイレを多めに置くなどして対策したが、さらに、変化が起きる。

 

びびりのクーカイ。アポロが怖くてパパに守ってもらってます
びびりのクーカイ。アポロが怖くてパパに守ってもらってます

 引っ越して4年目、敦子さんは外の勤めを辞めて、家でピアノのレッスンをするようになった。以前より時間ができると、周囲の外(野良)猫が気になりだした。

 

 捕獲器まで買って避妊去勢をし、餌やりをして。唯一、去勢ができないほど老いていたマダラ模様の雄猫がある時、生後2か月ほどの子猫を引き連れて庭にやってきたという。

 

「『すまねえがこいつも面倒みてやってくれ』って感じで、子猫を差し出した。その子猫が人懐こくて、自分から部屋に入ってきたんですよ。それがこのチューチューなんです」

 

 チューチューならフレンドリーだし、室内で暮らせると思い、動物病院でワクチンを打ち、血液検査をした。すると、FIV(人のHIV、猫のエイズ)陽性だとわかった。

 

「エイズだけど飼ってあげたい」「でもうちの猫はみんな陰性だよ」

 

 夫婦で相談した挙句、感染を防ぐためにチューチューと先住猫を分けて生活させることにした。5匹の住まいを2階に移動させ、チューチューだけを1階の居間に置くようにしたのだ。ただしチューチューが上に行きたがるので、一日一度だけ“フリータイム”を設けて(注意しながら)会わせるようにしたという。

 

「2階は40平方メートルくらい。3部屋に5匹住まわせるのにちょっと無理があったのかな。アポロがクーカイをからかったり、猫の勢力図が変わりました。猫に会いにいきますか?」

 

14歳のカムイ。体が少し弱いけど、秋家のボス的存在だ
14歳のカムイ。体が少し弱いけど、秋家のボス的存在だ

 2階に上がると、14歳のシャムのカムイが、とことこと出迎えてくれた。スマートだが元気そうだ。14歳のアメショー・クーカイと、12歳の白黒アポロは、電子ピアノの陰にぱっと隠れてしまった。

 

「この2匹、普段は仲が悪いのに、人が来るなど緊急時にはくっついて避難するんです(笑)」

 

 夫妻は、猫たちのストレスがたまらないように、あることを考えた。それは毎朝、庭で日光浴をさせることだ。敦子さんが説明する。

 

「主人が庭の縁台で朝食を取りながら“見張り番”をして30分から1時間。猫たちは朝ごはんの後、1階の廊下でニャーニャー鳴いて待つんです。みなリードをつけますが、自ら前足を通すように準備するんですよ」

 

 カムイ、クーカイ、アポロの2階チームのトリオはそれぞれ、塀の外の遊歩道を見下ろしたり、小鳥を見たり、地面にごろごろしたり、各自伸び伸び過ごすのだという。

 

朝のお庭タイム(アポロ、カムイ、クーカイの男子トリオ)
朝のお庭タイム(アポロ、カムイ、クーカイの男子トリオ)

「庭から出ていきそうになると、主人が名を呼ぶ。そうすると自発的に戻ってきます。聞き分けはばっちり(笑)。庭から入ったら私が皆におやつをあげます」

 

 1階を広々と1匹で使うチューチューは庭にでないが、体拭きとブラッシングを秋さんにしてもらうという。それぞれに平等に愛情をかける、夫妻にとって、猫たちは、子どもそのものだ。

 

 敦子さんの“母心”は夜にも炸裂する。

 

「主人は2階で仕事しながら3匹と一緒にいますが、私は1日のほとんどを1階で過ごしてチューチュー以外の子と過ごす時間が少ないから、寝る前に全員と必ず最低15分は触れ合うんです。それぞれのテーマソングを歌いながらマッサージ。クーカイだったら、くっくくるくるぱっぱらっぱ~、みたいに(笑)」

 

 4匹をマッサージすると1時間かかる。「8年前にコンコが、昨年オーチャンが亡くなったのですが、この雌2匹が生きていた時は6匹いたので、寝る前のマッサージに90分かかった。少し短くなりましたね」

 

(かつて秋夫妻が暮らした女子猫たちとの思い出は後編へ)

 

(藤村かおり)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。