飼い主によりそうボルゾイ犬の幸せ 「夜廻り猫」

 漫画に登場する犬はボルゾイという犬種。作者の深谷かほるさんの知人が実際に目にした光景だそうです。


 深谷さんは「もしこれがシバイヌだったら、はじめから飼い主以外には目もくれないかも。このボルゾイには、『本当は犬と遊びたい』という思いがあって、でもやっぱり『飼い主が大好き!』という気持ちの揺れが、素直に身体(からだ)に出たんだと思います」。


「自分の忍耐や払った犠牲をまったく気にしないように見える犬は、飼い主を愛しているんだなぁと思いました」と振り返ります。

深谷かほる(ふかや・かほる)

漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年から、ツイッターで漫画「夜廻(まわ)り猫」を発表。3月23日、講談社から新装の単行本1、2巻を発売する。
朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。