20年前の傑作猫映画がよみがえった! 猫の名演技にメロメロ

「こねこ」
「こねこ」

 雪降る街、荘厳な建造物、哀愁を帯びたBGM、90年代のロシアの素朴なイルミネーション。クリスマスにぴったりの名画『こねこ』が、HD版ブルーレイ&DVDで戻って来た。猫を題材にした映画は数あれど、本当の猫好きなら、これを見逃す手はにゃい!

 (末尾に写真特集があります)

  話はいたってシンプル。モスクワの音楽家一家に、子供たちたっての希望で子猫がもらわれてくる。チグラーシャ(トラ猫の意味)と名付けられた子猫が、ある日ひょんなことから脱走してしまい、極寒のモスクワの街をさまようことに……。探し回る家族、チグラーシャのことを思うと夜も眠れない子供たち。果たして無事帰宅できるのか、といった子猫の冒険物語だ。

  この映画の見どころは、なんといっても猫たちのありのままの自然な演技(?)である。CGなし、擬人化なし、小細工なしの画面は、ドキュメンタリーのようでもあり、でもちゃんと監督の要望に応えて猫が演技しているかのようでもある。子猫以外に成猫もたくさん登場するのだが、みなキャラがたっていて、愛嬌たっぷり。そして彼らを追うカメラワークが、まるで猫が撮ったのか!? と思わず目を疑うような見事な猫目線。岩合さんも真っ青なのである。

 「街をさまようチグラーシャが、ドーベルマンに襲われそうになるシーンがあります。そのとき、どこからともなく成猫が現れてドーベルマンを威嚇し、チグラーシャを救います。あそこは全体を引いたシーンからだんだんとズームになっていたので動物だけにまかせて撮ったのでは。よく撮れたなぁと素直に驚きますね」とは、発売元のIVCの森田さん。

  なんでも、猫たちの素晴らしい演技を引き出したのは、当時ロシアでも有名だった猫調教師、アンドレイ・クズネツォフ氏とのこと。彼は貧しいけれどたくさんの猫と暮らし、チグラーシャを保護してくれるやさしい猫おじさんとして、映画でも重要な役を演じている。

  他にも、監督の子供が飼い主姉弟を演じていたりと、有名な役者は起用されていない。そんなフィクションとノンフィクションの境のような空気感が、この映画を独特なものにしている所以だろう。

 森田さんは、「20年前の映画ですし、どちらかというとちょっと地味目なロシア映画の枠に埋もれてしまっていた。猫が好きな人にはもちろん、映画としても傑作なので、多くの人に観てもらいたいため、再発売することにしました」。

 1996年製作という、ほどよいレトロ感も新鮮だ。年末年始、冬の夜長にほっこりしたい人は是非!

 

『こねこ』ブルーレイ&DVD

発売元:株式会社アイ・ヴィー・シー

Blu-ray ¥3,800+税

DVD ¥2,800+税

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。