マルチーズなど飼い犬17匹を置き去り 動物愛護法違反の疑い

(イラストは本文と関係ありません)
(イラストは本文と関係ありません)

 鳥取県警米子署は9日、米子市の60代の男を動物愛護法違反(愛護動物の遺棄)の疑いで書類送検し、発表した。容疑を認めているという。

 署によると、男は10月3、4の両日、同市皆生温泉4丁目の公園などに、飼っていたマルチーズなどの犬17匹を置き去りにした疑いがある。ほえて近所に迷惑がかかっていたなどと話しているという。4日以降、犬を保護したとの情報が署などに寄せられ、発覚した。6匹は見つかっていないという。いずれの犬も知人で市内の20代の女が譲ったとみられ、署は9日、この女を狂犬病予防法違反(未登録・予防注射の未接種)の疑いで書類送検し、発表した。容疑を認めているという。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!