伝説の「追い出し猫」 復興願い、 被災地の子どもたちが絵付け

追い出し猫に絵付けをする子どもたち=福岡県宮若市
追い出し猫に絵付けをする子どもたち=福岡県宮若市

 熊本地震で被災した熊本県御船町にある町立高木小学校の5、6年生33人が28日、福岡県宮若市と直方市の職員労働組合の招きで両市を訪れた。宮若名物の縁起物「追い出し猫」の絵付けを体験。宮若のトヨタ自動車九州や直方の汽車倶楽部(くらぶ)を見学した。

 両労組が7月に支援活動として高木小でバーベキューを振る舞ったのが縁で実現した。児童たちは早朝、バスで学校を出発。宮若市のマリーホール宮田で出迎えを受けた。

 5年の田代夕雅さん(10)は「地震で大変な思いをしたが、たくさんの応援で少しずつ元気を取り戻すことができた。皆さんにバーベキューを開いていただいてうれしかったです」、5年の中城(なかじょう)大和君(10)は「楽しい思い出をつくりたい」と感謝した。

 その後、高さ5センチの追い出し猫の土鈴にカラーペンなどで絵付けをした。災いを追い出し福を招くとされる猫で、復興への願いも込めて絵付けをしてもらった。宮若市職労の荒牧大介書記長(36)は「宮若や直方のことを知ってもらい、大きくなった時につながりが広がれば」。地元事業所の協賛でさまざまな特産品も贈った。

(垣花昌弘)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。