「正しい飼い方を学んで」 犬の殺処分ゼロの川崎市で公開講座

川崎市動物愛護センターに収容された犬と猫=市提供
川崎市動物愛護センターに収容された犬と猫=市提供

 昨年度までの3年間、犬の殺処分ゼロを続けている川崎市が、11月を「いのちをまなぶ月間」と位置づけて、市民公開講座や街頭啓発を通じ、犬や猫の正しい飼い方を知ってもらうキャンペーンを展開している。

 19日午後2時からは麻生区役所で、NPO理事長の平井潤子さんが「ペットと災害」をテーマに講演。27日午前10時からは幸区のソリッドスクエアで、日本獣医生命科学大非常勤講師の矢崎潤さんが「犬と楽しく暮らすために」と題して語る。各回とも無料で先着100人。

 市は昨年度、猫を9匹処分した。今年度は犬はゼロ継続、猫もなるべく減らすことを目指している。担当者は「ペットの扱いで困ったことがあれば、各区役所の保健福祉センター衛生課に相談を」と呼びかけている。キャンペーンの問い合わせは市生活衛生課(044・200・2449)。

(河井健)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。