猫がゆったり暮らせる国こそ豊か 夫婦が手作り「ねこ新聞」

「ねこ新聞」200号を発行する原口緑郎さん、美智代さん夫妻=東京都大田区
「ねこ新聞」200号を発行する原口緑郎さん、美智代さん夫妻=東京都大田区

「富国強猫(ふこくきょうねこ)」。題字下にそんな4文字を掲げた月刊「ねこ新聞」が今月で200号になった。


 猫がゆったりと眠りながら暮らせる国は心が富む国、との思いを込める。新聞は上質の白い紙のタブロイド判8ページ。1面は猫の「名画」と文学作品。中面は猫にちなんだ詩やエッセー、評論が並ぶ。


「いつかは寄稿を」と新聞を送り続ける粘りと猫の魅力で、森村誠一、小池真理子、横尾忠則、林真理子、黒木瞳ら人気作家や著名人が次々と登場する。


 創刊は1994年。貿易会社の経営などをしていた夫のひらめきがきっかけだ。暗い情報が多い世の中に嫌気がさし、「なんかほっとできる、粋なものを作りたい」。大好きな「猫」と「新聞」が結びついた。だが、1年ほどで脳出血で倒れ、休刊に。左半身が不自由になった夫を妻が支えて復刊、15年になる。東京都大田区の自宅から全国の購読者約3千人に送付するが、1部400円の購読料だけでは経営は厳しい。最近は寄付を募ってしのいでいる。


「この人とはけんかばかりしてきた」と口の悪い夫が言えば、「最初は猫も文学も好きじゃなかったけど、原口の精神が乗り移っちゃった。金もないのにここまでやってこられたのは奇跡」と妻。広告なしで作ってきた絵本のような紙面は、11月に金婚式を迎えるふたりの愛の結晶そのものだ。


(文・大久保真紀 写真・池永牧子)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。