猫もNPOが全頭引き取り 犬猫とも殺処分ゼロへ 広島県

保護された猫(写真は本文と関係ありません)
保護された猫(写真は本文と関係ありません)

 NPO法人「犬猫みなしご救援隊」(広島市安佐北区)は21日、広島県動物愛護センター(三原市)に持ち込まれる殺処分対象の猫を8月1日から、全て引き取ると発表した。中谷百里理事長は「県内で殺処分される猫がゼロになる。画期的なこと」と語る。

 救援隊はこれまでも広島市動物管理センターや呉市動物愛護センターに収容された殺処分対象の猫を引き取り、不妊手術をして飼ってきた。8月からは県動物愛護センターも対象とし、県内全域の持ち込まれた野良猫や飼われなくなった猫を引き受ける。

 他に東日本大震災や熊本地震の被災地からも引き取り、救援隊には現在、約千匹の猫が暮らすという。

 県によると、15年度は県動物愛護センターで約千匹の猫が殺処分された。救援隊は飼育数の増加に対応できるよう、既存の施設を改修する計画。費用には支援者の寄付などを充てるという。

 21日に県庁で会見をした中谷理事長は「一時的に持ち込まれる猫が増えるだろうが覚悟の上だ。協力者も増えると思うので、地域猫活動の普及など県民の意識も変えていきたい」と話している。

 県内の犬・猫の殺処分数は年々減っているが、11年度は計8340匹と全国最多だった。犬についてはNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(神石高原町)が今年度から殺処分対象の犬の全頭引き取りを始めている。今回の救援隊の取り組みにより、犬・猫ともに県レベルの「殺処分ゼロ」に向けて動き出す。

(大隈崇)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。