猫カフェ登録取り消し 全国初、東京・墨田区の店

(イラストは本文と関係ありません)
(イラストは本文と関係ありません)

 猫とふれあいながら飲食できる猫カフェで猫の適正な管理を怠ったなどとして、東京都は16日、動物愛護法に基づき、墨田区の「ねこのて」(松崎和子社長)について動物取扱業の登録を同日付で取り消したと発表した。猫カフェ業者に対する登録取り消しは全国初という。

 同店は、62匹の猫を不衛生な状態で一時飼うなどしていたとして、都が4月、30日間の業務停止処分とした。都によると、その後、猫を販売したり無償譲渡したりして数が減ったが、5月中旬に父親が分からない子猫が3匹生まれるなど、管理状況が改善されていないと判断した。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。