被災ペット100匹受け入れ 救援センター、大分に開設

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 熊本地震で被災し、飼い主と過ごすことが難しくなったペットを預かる施設が今月中に、大分県九重町に開設されることが関係者への取材でわかった。「九州災害時動物救援センター」で、犬や猫など約100匹を受け入れる。もともと来年4月の開設をめざしていたが、熊本地震の発生で急きょ前倒しが決まった。
 

 センターは一般社団法人「九州動物福祉協会」(福岡市)が設置、運営し、九州地区獣医師会連合会などが協力する。
 

 同町にある九州電力所有の元キャンプ場の一部(約3万平方メートル)を借り上げ、古くなったバンガローなどを改修する。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。