10周年「感無量だにゃん」ニタマ駅長ら祝う 和歌山電鉄

たま電車に乗車した三毛猫駅長「ニタマ」と小嶋光信社長(左)=和歌山市
たま電車に乗車した三毛猫駅長「ニタマ」と小嶋光信社長(左)=和歌山市

 2006年に南海電鉄から引き継いだ和歌山電鉄貴志川線の運行開始10周年記念の催しが2日、和歌山市の伊太祈曽駅などであった。「たまⅡ世駅長」を襲名した三毛猫のニタマは「たま電車」に初乗車。広報を通じて、「たま駅長も一緒に喜んでくれているニャン。感無量だニャン」とコメントを出した。
 

 催しには保育園児や周辺自治体の関係者ら約100人が参加した。小嶋光信社長は「『たま神社』に報告に行ったら、たまちゃんが大好きだった桜の花が満開だった。良かったニャー、うれしいニャーと言っているように感じた」とあいさつ。地元で存続運動をする「貴志川線の未来をつくる会」の浜口晃夫代表は「10周年がゴールではない。これからも鉄道会社・行政・地域で三位一体になって頑張っていきたい」と話した。

 

(山田暢史)

 

たま駅長ふたたび

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。