世界で唯一?「黒猫カフェ」 真っ黒い保護猫8匹がお出迎え

8匹並んで無防備に食べる姿は、えもいわれぬかわいさ=兵庫・姫路の黒猫カフェ「cat cafe ねこびやか-黒猫cm-」
8匹並んで無防備に食べる姿は、えもいわれぬかわいさ=兵庫・姫路の黒猫カフェ「cat cafe ねこびやか-黒猫cm-」

 黒猫しかいない珍しい猫カフェが、兵庫県姫路市にある。しかも店にいる黒猫8頭はいずれも保護猫。猫を殺処分から救う活動をしている女性店長が、「黒猫と、黒猫を愛する人の架け橋になろう」と2年前の暮れに改装開店した。日本初?いや世界で唯一?の黒猫カフェは、関西の猫好きたちの間で人気を博している。

 (末尾に写真特集があります)

 

 店は「cat cafe ねこびやか-黒猫cm-」。日本で初めて世界文化遺産に登録された姫路城のおひざ元にある。

 

 店にいる8匹のうち7匹は、市動物管理センターから引き取られた猫。もう1匹は交通事故に遭って警察に保護され、動物病院で治療を受けた後に里親募集されていた。いずれもシルエットはそっくりだが、違う色のスカーフを首に巻いているので、簡単に見分けられる。それぞれ、「おれん侍(じ)」や「むら咲(さき)」など、スカーフと同じ色にまつわる名前がある。

 

 黒猫の魅力は「姿形が際立っていて存在感があるところ。みんな黒なので柄の印象に左右されず、性格が分かりやすい」と、店主の八木絢子さん(37)。確かに、人懐っこいコや強気なおてんばギャル、姫路生まれの軍師のように落ち着いた(おっとりとも言う)その名も「黒田官兵衛」くんなど、個性派ぞろいだ。


 実はこの店、2011年の開業時は、茶トラやキジトラの猫がいる普通の猫カフェだった。黒猫は一匹もおらず、客から「黒猫おれへんの?」と言われることもあったという。他方、八木さんは、市動物管理センターで処分される猫たちを救うため、個人的に里親を見つける活動をしていた。ある日、処分予定の黒猫4兄弟と出会ったのをきっかけに、猫カフェを黒猫だけにすることを決意。2013年9月に改装オープンした。きっかけとなった4兄弟はすでに引退し、いま店にいる黒猫たちの里親は募集していないが、八木さんは、ほかの保護猫に里親を見つける活動は続けている。

 

 訪れる人々の平均滞在時間は2時間ほど。窓辺のソファで漫画を読んだり、お茶をしたり、時には居眠りしたりと、黒猫のいる空間自体を楽しむ人が多い。思い思いの時間を過ごしていると、猫のほうから体をくっつけにやって来てくれる。そんなつかずはなれずの距離感がたまらなく愛しい。

 

 猫は夜行性のため、昼間は寝ていることもしばしば。活発な姿を見たければ19時~20時(火曜と日曜を除く)がオススメ。20時の夜ご飯タイムには、8匹が行儀良く一列に並んで食事する姿が見られる。無防備なシッポが八つ並ぶ後ろ姿に、思わず目を細めてしまうこと請け合いだ。

 

■cat cafe ねこびやか-黒猫cm-
 所在地/兵庫県姫路市駅前町322 ミフネビル2F
 電話番号/090-6757-2810
 営業時間/12:00~21:00(日曜は~19:00、※最終入店は閉店1時間前)
 定休日/火曜
 システム/60分1,000円、以降30分ごとに+500円、ソフトドリンク400円~。

(福山嵩朗)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。