神社にペットOK、広がる 「けがれ」への意識変化

 ペットブームを背景に、「犬猫お断り」が一般的だった神社が変わりつつある。飼い主と一緒に参拝できたり、ペットの七五三をお祝いしたり。神社が重んじる穢(けが)れと清浄の感覚が変化してきているようだ。

 

●七五三祝いも

 薬にゆかりの神様をまつる大阪市中央区の少彦名(すくなひこな)神社。近辺に多い製薬会社の社員らが訪れるが、3、4年前からペットを境内に入れることを認めている。足跡をプリントしたペット用のお守りを置き、拝殿の外でおはらいも受け付ける。

 

「ペットを連れてきたいとの声に応えた」と別所賢一禰宜(ねぎ)(40)。

 

 月に1回ほど愛犬と参拝するという同市住吉区の会社員、石見明央さん(46)は「一緒に住んでいるのだから、どうせなら一緒にお参りしたい。こういう神社はありがたい」。

 

愛犬を連れて参拝に来た石見明央さん(左)と少彦名神社の別所賢一禰宜=大阪市中央区道修町2丁目の少彦名神社
愛犬を連れて参拝に来た石見明央さん(左)と少彦名神社の別所賢一禰宜=大阪市中央区道修町2丁目の少彦名神社

 南朝の後醍醐天皇らをまつる奈良県吉野町の吉水(よしみず)神社は、15年ほど前から受け入れる。病気になった犬や猫が手術前におはらいを受けに来る例が目立つという。佐藤一彦宮司(71)は「おはらいを受ければ飼い主もホッとする。神様に対しては人間も犬も対等だと思う」と話す。


 東京都新宿区の市谷亀岡八幡宮はペットの七五三をする。排泄(はいせつ)を済ませ、飼い主のひざに載せていれば、拝殿で祈祷(きとう)を受けられる。5年前に始めたところ、晴れ着やはかまで盛装した犬や猫が年々増え、昨年は150匹以上を数えた。

 

●今も禁止大勢

 とはいえ、ペットの立ち入りを禁じる神社がまだ大勢だ。全国約8万社を包括する神社本庁は「排泄をする動物は境内に入れないのが一般的」(広報課)。住吉大社(大阪市住吉区)は盲導犬を除き、境内でペット連れを認めていない。


「そもそも犬猫など四本足の動物自体が不浄とされてきた」と指摘するのは、国学院大の石井研士教授(宗教社会学)。


 神道上の清浄と不浄の区分は明文化されておらず、時代とともに変化してきた。かつて出産は穢れとされ、妊婦は神社に近づけなかったが、そう考える人は今はまずいない。「清浄の感覚は、生活のなかで共有される文化的なもの。ペットは不浄という常識は通用しなくなるかもしれない」


(村瀬信也、宮本茂頼)

 

(朝日新聞 2013年5月20日掲載)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。