イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

まっつ(質問主)


猫アイコン 猫 1歳 メス 雑種

体重:5.2kg

飼育歴:1年4ヶ月

居住地:北海道札幌市西区

飼育環境:室内

生後1年3ヶ月のメスの雑種です。
血液検査をしていただいたところ、γ-GTPが測定不能と言われました。
その他の肝機能数値は正常範囲内なのですが、そのγ-GTPだけが測れなかったらしく前回の血液検査でも同じように測定不能となっていました。
この場合、何か異常があると捉えるべきなのでしょうか?
病気であるとするなら早めに診断を受けて治療してあげたいのですが、どのような検査を受けるといいのか分かりません。
担当の獣医は生まれつきのこの子は数値が高いのかもしれないと言っていましたが、そんなことは有り得るのでしょうか?

日時2021-10-10 00:15:13

専門の獣医師からの回答

γ-GTP(GGT)は胆嚢系の酵素で通常ALPと平行して増減します。ALPだけが増加して、γ-GTPは正常ということは猫ではありますがその逆はまずないと思います。ALPが正常なら問題ないと思います。
γ-GTPだけが測定できないのは何らかのエラーかと思います。

日時2021-10-18 00:19:42

まっつ(質問主)


お忙しい中、回答ありがとうございます。
検査結果を確認したところ前回ALPは325と高値でしたが生後半年で成長期の子猫にはよくあると言われていて、今回は40で正常値内におさまっています。
わかりやすく説明していただけて安心しました。
緊急性は無さそうなので定期的に血液検査を受け様子を見たいと思います。
ありがとうございました。

日時2021-10-18 08:20:00

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: