イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

凛にゃん(質問主)


猫アイコン 猫 1歳 メス ペルシャ

体重:3.6kg

飼育歴:1年0ヶ月

居住地:東京都大田区

飼育環境:室内

1歳を迎えた頃に40度の発熱が続き、検査をしたところ猫コロナの抗体値が400でした。ステロイドと抗生剤の点滴実施後は内服に移行し、1ヶ月内服を続けました。次第に発熱も治り、抗体値も200に低下したためステロイドと抗生剤の内服をやめ、3週間ほど経ちました。初めは39度になることもありましたが、最近は38度台で経過しています。しかし、ここ数日呼吸数が早く、安静時でも40回/分台で腹式呼吸が目立ちます。苦しそうな素振りはなく、起きると近くに擦り寄ってきたら遊んでと猫じゃらしを咥えてきます。遊ぶとさらに呼吸数が上がるので短時間にしています。
病院でレントゲン撮ってもらうべきかと思うのですが、発熱時に連日注射をしたためかなり病院が嫌いで先生や私に噛み付くほど凶暴になってしまいます。FIPの発症も怖いので早めに受診するべきと考えていますが、今後も内服の継続が必要となるのでしょうか。ご教授いただければと思います。

日時2021-08-03 20:26:18

専門の獣医師からの回答

発熱には様々な原因があります。
病気として捉えた方がいいのかを含め、
総合的に診断、判断する必要があります。

猫コロナだけではなく、主治医の先生と
相談して総合的に診断するしかないと思います。

ただ、動物医療の場合、理想通りに検査治療が
行かない場合は多々あります。
できる限りを少しずつで頑張って下さい。

日時2021-08-07 16:12:53

なぜ猫は腎臓病になりやすいのでしょうか。腎臓病の原因、代表的な症状、検査の基準値について、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が解説します。猫の健康に役立つ知識が身につく「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: