イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

まるお(質問主)


猫アイコン 猫 2歳 オス 雑種

体重:4.7kg

飼育歴:2年1ヶ月

居住地:岩手県宮古市

飼育環境:室内

健康診断の血液検査の結果でGTP/ALTの数値が高めと言われました。
その他にうろ覚えですが赤血球が低め?血小板が多め?の様な事を言われた気がします。
半年後また検査をするそうです。
その他は特に何も言われませんでしたが家に帰ってから急に不安になってきました。
普段生活する上で気をつけなければいけない事はありますか?

たまにご飯にササミを茹でたものや生タイプの様な鰹節を混ぜてあげてみたり、便も硬めなのでお腹の調子を整えるふりかけタイプのサプリを1日一度ご飯にふりかけて与えていますが止めたほうがいいでしょうか?

日時2021-07-13 21:01:07

専門の獣医師からの回答

添付の検査結果の写真で,肝酵素の1つであるGPT(ALT)のわずかな上昇と,赤血球数(RBC)のわずかな高値,および血小板数(PLT)のわずかな低下が認められます。
いずれも極軽度で年齢的にもそれほど心配はないと思いますが,GPT(ALT)は何らかの原因で肝細胞が障害を受けているときに上昇します。
適切な食事管理やストレスのない環境を配慮してみてください。
心配であれば,数カ月後に再検査をおこなってもらうとよいかと思います。

日時2021-07-22 07:15:23

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: