イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ちこ(質問主)


猫アイコン 猫 17歳 メス 雑種

体重:3kg

飼育歴:16年10ヶ月

居住地:千葉県松戸市

飼育環境:室内

17才の猫で脳腫瘍の疑いがありまして、発作が止まらないときは脳圧を下げる点滴を多くて週1でしてます。MRIは実施してません。
診察する限り脳腫瘍が濃厚とのことです。
内服はフェノバール1/21日2回、ガバペン1/81日3回、イーケプラ1/81日3回、甲状腺機能亢進症があるのでチロブロック1/21日2回で飲ませてます。
数日前からイソバイトシロップを飲ませているのですが、苦いせいかちゃんと飲んでくれません。
ご飯に混ぜたり、ちゅーるや缶詰を使ったり、甘くしたりしてるのですが、他に何かいい方法がありましたら教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

日時2021-04-17 18:24:44

専門の獣医師からの回答

犬は通常飲める子が多いのですが、イソバイトシロップは確かにレモン果汁のような酸っぱさがありますので、苦手な猫が多いと思います。
直接スポイトなどで口に入れて飲ませることが難しい場合は、飲みやすいように何かに混ぜて投与することが一般的です。
チュールや缶詰は試してみられたとのこと。
試しに牛乳とイソバイトを2:1の割合で混ぜてみては如何でしょうか。
牛乳がイソバイトの酸っぱさを弱めてくれるので少しは飲みやすくなるかもしれません。
決定的なお勧めの方法がなく、申し訳ございません。
牛乳は飲みすぎると便が緩くなることがありますので、ご注意下さい。

日時2021-04-21 18:04:54

ちこ(質問主)


ご返答有難うございます。
今後、このような事がありましたら試してみようかと思います。
ちなみに相談した子は鼻チューブ入れてイソバイトシロップを飲ませていましたが、5月7日に永眠しました。
本当にありがとうございました。

日時2021-05-08 18:24:59

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: