イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

はとこ(質問主)


猫アイコン 猫 13歳 オス ペルシャ

体重:3kg

飼育歴:13年3ヶ月

居住地:大阪府豊中市

飼育環境:室内

昨日夕方、今年13歳になる子が急死しました。
本当に突然で何が起こったのかわかりません。
ベッドで寝ていたのですが、突然「グホッ」というような声がしベッドを覗くと頭から後ろ足までが真っ直ぐ伸びていて、それだけでただ事ではないと思いました。
紫になった舌が口の横から出ていて体には力が入っておらず動きませんでした。
胸を触ってもお腹を触っても動きが感じられませんでした。
必死に摩ってみましたが(今となってはなんの意味もなかったでしょうが)動きませんでした。
ただ一度だけお腹が脈を打った気がしました。

前置きが長くなり申し訳ありません。
ここで質問なのですがこれまで膀胱炎に一度なったぐらいで特に既往はありません。
こんな風になった原因はどういったものが考えられるのでしょうか。

あの時私がもっと冷静になって心臓マッサージなり人工呼吸なり病院に連れて行くなりしていれば、死なせずに済んだのかもしれないと思うと後悔しかありません。
今更知ったところで生き返らないことは分かっていますが、せめて原因だけでも知りたいです。
どうかよろしくお願いします。

日時2021-04-07 16:48:22

専門の獣医師からの回答

申し訳ありませんが上記の内容で死因を特定することは不可能です。
猫ちゃんで突然死ということであれば心筋症などの可能性は考えられます。
悔やまれる気持ちはわかりますが、家で飼い主さんが心臓マッサージや人工呼吸が出来たとしても救命は出来なかったでしょう。
ご冥福をお祈りいたします。

日時2021-04-09 13:44:54

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: