イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ジュネママ(質問主)


猫アイコン 猫 10歳 オス ラグドール

体重:9kg

飼育歴:9年7ヶ月

居住地:神奈川県逗子市

飼育環境:室内

2年ほど前に耳ダニになり、かかりつけ医に治療をしてもらっているときに、耳が聞こえてないことに気づき獣医師に伝えると「ホントだねぇ」的な感じの対応に不信感を抱き、耳ダニがほとんど改善されたこともあり、その後は病院に行かなくなってしまったのですが(本猫も相当なストレスだったこともあり、セカンドオピニヨンで別の動物病院に電話相談した際、かかりつけ医の耳ダニの治療は間違ってはないので、暫く様子を見てみたらどうですか?と言われ、様子を見ているうちに月日が経ってしまったのですが〜)耳ダニの治療で鼓膜が破れたりすることはありますか? それ以降、全く耳が聞こえていないのですが、もう治る可能性は低いですか? 耳が聞こえなくなってから鳴き声が大きくなり、近所迷惑になっているのでは?とハラハラしています。 もしも今後治療が可能であれば、どのような治療になるのか? お教え願います。

日時2020-11-13 17:46:26

専門の獣医師からの回答

猫が眠っている時に、直接振動が伝わらないようにして大きな音をたてても全く気付かないのであれば、確かに難聴と言えそうです。
聴覚障害の原因になる部位としては、大きく①外耳から中耳、②内耳、③内耳から中枢に分けられます。
通常は①の外耳から中耳の部位に生じた重度の外耳炎や中耳炎、腫瘍などが原因で聴覚が低下することが一般的です。
②の内耳については、中耳炎が進行して内耳にまで炎症が起きることが一般的ですが、この様な場合動物は聴覚の異常だけでなく、患部の側に頭を傾けるなどの平衡感覚の異常を示すことが一般的です。また、片側の内耳炎の場合は反対側の聴覚に障害がなければ、飼い主様が飼い猫の耳が聞こえていないと感じることはないと思われます。
③の内耳から先の中枢に障害があって両側の耳が聞こえない可能性については、①と②の部位に異常が無いことを確認することで疑うことになります。
また、③について積極的に検査するには、電気生理学的な検査が必要ですので、通常の動物病院では難しく、専門機関を受診する必要があります。
先ずは、外耳、中耳、内耳に問題が無いか、鼓膜が認められるか、などを動物病院で確認して頂かれると良いでしょう。
外耳、中耳、鼓膜、鼓室包(鼓膜の奥スペース)までの異常であれば、治療の可能性があると思われます。
どのような治療になるかは、原因や病態によって異なります。感染による炎症が主体であれば、基本的には洗浄と抗菌薬の点耳。慢性の炎症によってポリープや腫瘤が耳道を塞いでいる場合は切除が必要な場合があるでしょう。ただ、このような場合は、日ごろから耳垢が多かったり、ミミダレが出ていたり、頭を振るなどして耳を気にしている様子があると思います。
ご参考になれば幸いです。

日時2020-11-16 18:18:07

ジュネママ(質問主)


ご丁寧にご説明をいただきありがとうございました。前回の質問の時に、獣医師に耳が聞こえてないことを伝えたときに耳の中を見て「鼓膜は破れてないけどなぁ」と言われたことを思い出しました。鼓膜が破れていないのに、難聴になるというのはどういうことなのでしょうか? 耳ダニの治療を開始してからふらつきが起こり、後ろ足で耳の辺りを掻こうとしても、耳が不調で平衡感覚が麻痺していたのか?すぐに倒れしまうことが度々ありました。またレボリューション6%を処方されてから皮膚に禿げが出来たり、嘔吐が続き体重が減ってしまったので、それを伝えたところ「食欲不振は脳に障害があるのかもしれない」ということで内服薬2種(デカドロンとノイロビタン)を処方され、服用させたところ水分摂取量が異常に増え、初めてお漏らししてしまい(本猫もそれがショックな様子)だったので、飼主の自己判断で2回の服用のみでやめてしまい、通院はそれっきりになってしまいました。以上が詳しい経緯なのですが、回答をして下さったドクターのおっしゃられるように①②の場合は今からでも洗浄などで聞こえが回復するものなのか? また③などの場合は大がかりな手術で身体への負担、そこまでしてちゃんと回復するのか?不安があります。いづれにしても、これまでの動物病院以外で一度診察をしてもらう必要がありますね。 長々とスミマセンでした。

日時2020-11-18 09:18:26

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: