イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ココ(質問主)


犬アイコン 犬 9歳 オス パピヨン

体重:5.8kg

飼育歴:9年6ヶ月

居住地:広島県広島市中区

飼育環境:室内

2019,12.20
日に蛋白漏出性腸炎と診断されました
体重6.8キロお腹がふくらんできたので病院に診察
腹水がたまっていました
それからステロイドを飲んで2020.02.14日に治まりずーとロイヤルカナン消化器サポート低脂肪をあげていました
又お腹ぎ膨れてきて受診2020.5.18日に蛋白漏出性腸炎が復活ステロイドで調節07.21日にリンパ管拡張症の症状だとききましたその後に私の不注意で7.12日に うっかりたまねきを、たべてしまい、2020.7.12に一泊入院事なき終えまして
蛋とた白漏出性腸症の治療を続けて
9月3日までステロイドでした。そのときに脇が痛そうにしていたのでレントゲン
痛み止め1週間でだいじょうぶになりその時にアトピカだけに処方がかわりましたが、9月28日から10月1日まで
間違ってアトピカステロイドをのませてしまったのですが
10月2日からアトピカだけで今までロイヤルカナン消化器サポートをたべさせていましたがネットで蛋白漏出性腸症
でしらべるとみらいフードというフードがあったので
体によさそうだと思いロイヤルカナン缶詰と初めは混ぜてあげましたが10月23日位からフラフラしだしたのでみらいフードは止めました
ですが、10月19日血液検査はしてないのですが、少し下痢になったりもありまして診察その時は血液検査はしていないのですがいつも通りだという感じで…23日位にフラフラしたりしんどそうだとおもいセカンドオピニオンを、かねて下痢があったのでその時にベルベリン、トランサミンラノアックスの注射ディアバスター錠ビオイムバスターをもらいました
その次の日からフラフラが酷く30日にかかりつけ病院へ
その時の血液検査が
総たんぱく質量4.0
MCv58.2
アルブミン1.3
アンモニア372総ビルビン0.1
血糖値137
BUN51.1カリウム3.8リパーゼ71
CRP0.7
で山口大学病院を勧められましたが
引っ越しをする前に猫をみて下さった病院に電話して聞いたら、良くない数字で全身麻酔をするのは体力的にうすすめしないと
アンモニアを下げるシロップをモニラックをのませて今かかりつけ医でできることをした方がいいと、年齢が関係ありますか?ときいたら年齢は関係ないと言われました
私がネットで色々調べたら門脈シャントかなとおもってきいたら9才だと先天性ではないでしょう後天性だと手術はできないと言われました
10月2日からステロイド5ミリを1回2錠モニラック5ミリ
となりました アトピカはこの日から辞めました
10月30日からモニラックを「食欲がないのと薬を飲まないのでささみをロイヤルカナン缶詰に混ぜてあげました」11月4日までのませて4日に病院にいき血液検査をしました
アルブミン1.6アンモニア157尿素窒素が67.1ナトリウム150
カリウム4.5クロール113カルシウム10.5
でした
お聞きしたいのはアンモニアが突然増えたのは、フード
ステロイド、セカンドオピニオンの、注射?
門脈シャントの可能性
後天性だと手術は無理なのですか?
一過性のものでアンモニアは増えるのでしょうか?
ずーとモニラックを飲み続けるかんじでしょうか?
今回尿素窒素が増えるのはササミをあげているからでしょうといわれましたが、体重5.8キロでロイヤルカナン低脂肪缶詰とささみの割合はどのくらいがいいでしょうか?
じゃがいもはササミより少ないでしょうか?
血液検査は血清総胆汁酸TBAは調べた方がいいのでしょうか?
何が原因の可能性でしょうか?「食事とか」
今の状態は危ない状態なのでしょうか?
どのような事を気をつけて過ごしたらいいでしょうか?
良くなる可能性はどのくらいでしょうか?
すみません
是非教えてほしいです
宜しくお願い致します。
いまの写真のせてます
目がトロンとしています

日時2020-11-05 03:25:34

専門の獣医師からの回答

蛋白漏出性腸症は間違いないのでしょうが,その原因は様々であり,精密検査が必要となります。
高アンモニア血症による肝性脳症と思われるふらつきも認められるとなると,門脈シャントの可能性は非常に高いと思われます。パピヨンは門脈シャントの好発犬種であり,9歳でも後天性とは限りません。
いずれにしても,低蛋白血症(低アルブミン血症)を起こす疾患が複数合併している可能性があり,非常にやっかいな病態かと思います。
治療法や予後は,原因や病態さらには外科的治療の可能性の有無によって全く異なります。
より専門的な二次診療施設でCT検査や内視鏡検査ができるかどうか相談されることをお勧めします。

日時2020-11-10 21:11:47

ココ(質問主)


そうなんですね
お忙しいのにご回答ありがとうございます
11月16日 
赤血球11.16
赤血球濃度10.8
ヘモグロビン570
白血球19300
好中球10800
リンパ球6700
血小板41.2
GPT166
GOT62
総蛋白405アルブミン1.4
アンモニア47
ステロイド3錠フラジール半錠朝晩
11月29日
赤血球11.29
ヘモグロビン308
赤血球濃度5.5
白血球31800
リンパ球13800
血小板38.5
Gpt65
Got61
総蛋白3.4
アルブミン1.1
ステロイド2錠フラジール半分朝晩
ディオイムバスター朝晩1錠
アトモアチュアブル食後1つ
12月6日
赤血球12.6
ヘモグロビン301
赤血球濃度3.9
白血球28900
好中球16500
リンパ球12400
血小板71.5
Gpt185
Got53
総蛋白5.5
アルブミン1.8
アンモニア36
前回と同じものを処方されました
アルブミンか低いこは
手術できないと聞きました
そうなのでしょうか
11月16日にはフラフラしておりません
門脈シャントの可能性は
それでもあるのでしょうか?
今の所下痢もおさまっております
今日は食欲が少ないです
アルブミンを増やすBCAA等をとった方がいいのでしょうか?
12月3日から消化器サポート低脂肪をやめてササミカボチャ「じゃがいもさつまいも
1日20g」白菜大根
たまに食が少ないときは消化器サポートを少しまぜたりもしております
他に何を食べさせたらいいてすが?
あるサプリメント会社の方は腸を冷やさないと言われて「葛などが入っているもの」
を暖かいうちにご飯やササミ等にかける

日時2020-12-14 22:45:04

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: