イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ヨゴロウザ(質問主)


猫アイコン 猫 7歳 メス 雑種

体重:4kg

飼育歴:7年10ヶ月

居住地:埼玉県比企郡小川町

飼育環境:室内

10月下旬に左上の歯の牙が右に比べて長くなっており、臭いもすることに気付きました。詳しく確かめようと触ろうとしましたが痛みがあるのか触らせてくれません。一昨日、かかりつけの動物病院で診てもらったところ、歯周病で歯がぐらぐらになっている可能性があると言われました。
今の所、食欲も落ちておらず(食べるのは休み休みですが)、その他に変わった所は無いと伝えると、今の所できる事は抜歯くらいだが、今の段階では無理に抜くのもどうかと思うので歯が更にぐらついて口が閉じられなくなったり、食事が出来なくなったらすぐ連れてきて下さいと言われました。
そうは言われましたが、何もしなければ歯周病が悪化するのではないかと心配です。
今朝は、ドライフードを食べるときに何度も食べるのを中断し、口をくちゃくちゃとしていました。
先生の言う通り、このまま様子を見た方がよいのでしょうか?
何かできる事があれば教えて頂きたく、ご意見の程よろしくお願い致します。

日時2020-11-02 12:51:19

専門の獣医師からの回答

右上あごの犬歯が長くなってきて臭いもあり、痛がっていそうとのことですが、この病気は、挺出(ていしゅつ)といって、原因がわかっていないのですが、歯が次第に出てきてしまう病気です。しかも、その歯の上の歯肉と歯をささえている骨も腫れて、歯肉と歯の間の歯周ポケットも認められるようになります。歯周病も併発していることが多くなり、歯周ポケット内では炎症があります。このような状態になるといずれは抜歯が必要です。今現在もぐらついているようであれば麻酔をかけて抜歯して歯肉同士で縫合すればよろしいです。抜歯をすればちゃんと治ります。また、抜歯しても普通に食事はできますので問題ありません。

日時2020-11-06 10:42:57

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: