イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

あや(質問主)


犬アイコン 犬 14歳 メス ポメラニアン

体重:2.4kg

飼育歴:9年9ヶ月

居住地:神奈川県横浜市港北区

飼育環境:室内

突然すみません。我が家のポメラニアンのことでご相談させて下さい。(心音に雑音があると言われていましたが、薬は飲んでませんでした。血液検査ではいつもリパーゼが高値でしたが特に治療してませんでした。)

5月の健康診断にて、甲状腺機能低下症と診断され5月20日頃より投薬開始。
6月に入り、今まで食べていたドライフードと鶏ササミの内、ドライフードだけ残すようになりました。
ササミは変わらず食べていたのですが、栄養が足りないと思い、今までと違うメーカーのドライフードを与えたところ最初は食べたものの数日で食べなくなり、6月10日と11日に2日間連続で嘔吐。(夜8時に食べたドライフードを明け方4時半頃に嘔吐。)

嘔吐したものの、変わらず元気で食欲もあったので、ドライフードを砕いて与えました。その後1週間程度は何とかドライフードを食べてくれたのですが、その後一切食べず、ササミだけ食べていました。

ドライフードのような固いものが嫌なのかと思い、馬肉のウエットフードを少しずつ与えたところ食べたのですが、馬肉を与えて2日目の夜に、馬肉を食べて2時間後に嘔吐。元気消失、後ろ足のふらつきなど…ぐったりしていました。翌日、かかりつけの獣医師さんに診てもらい、血液検査を実施(治療は胃酸を抑える注射とステロイドの注射をしました)。リパーゼの数値がやはり高いと言われて、とりあえず、甲状腺の薬は一時中止とし、食事はササミを少しずつ与えて下さい…といわれました。食欲はあるようで、ササミを少しずつ与えると食べ、水も飲みます。ササミだけにして、4日目の29日に、いつもより多目にササミをあげると1時間もしないで吐いてしまいました。
又、ふらつきは心不全からくるものと言われました。

7/2にまた嘔吐+ふらつきがあったので、かかりつけ医に診てもらい、同じように注射を2本とこの日はブドウ糖の輸液を入れました。

7/6の明け方にまた嘔吐+ふらつき(この日はほぼ歩けない状態)になり、セカンドオピニオンをとり、別の病院に行きました。そこで、血液、レントゲン、エコーを実施。心臓が少し肥大、肝機能低下、脱水と言われ、輸液と制吐剤の注射とステロイドの注射をしてもらい、セレニア錠とステロイド錠を6日分処方してもらいました。吐き気止めのおかげで今は吐いてませんが、またいつ吐くか分からず相変わらずササミを1日1本程度しか与えていません。ちなみにこの時の体重が2.38でした。

長くなり申し訳ありません。いくつか質問させて下さい。

ずっとササミだけが心配です。消化がよく肝臓や膵臓にも優しい栄養のあるものってありますか?

先日行った病院ではロイヤルカナンのクリティカルリキッドをもらいましたが中々飲んでくれません。

先日の病院の先生からは嘔吐ばかりして栄養がないため、筋力が急激に落ちてふらつきがあると言われました。心不全ではないのでしょうか?

犬も食べなくなると、ヒトのように胃が小さくなりますか?このまま食べれなくなってしまうのでしょうか??

お忙しい中、長々と申し訳ありません。
宜しくお願い致します。

日時2020-07-13 00:59:24

専門の獣医師からの回答

愛犬が吐いて体重減少していくとのことご心配のことかと思います。ご心配のようにササミだけでは栄養を満たしていくことは出来ません。膵炎の対策として低脂肪食ということでササミを与えているものと思いますが、動物病院専用の低脂肪食のドライフードや缶詰は試されたのでしょうか。病気の管理で病院用の低脂肪食よりもさらに低脂肪にしようとする際に、鶏肉のササミと米だけで管理する手法がありますが、一部の動物で骨折が認められたりすることから、栄養のアンバランス、欠乏が起こることは免れないと思われます。心不全からフラツキが起こる事はあまり無いことかと思います。胃が小さくなるご心配よりは低栄養で状態が悪化することを心配される方が先決かと思います。吐くのが怖いので食餌を与えないというのは、あまりいい考えではありませんので、吐き気どめを与えながらでも出来る限り食事量を増していく必要があると思います。愛犬の症状が快方に向かうことをお祈りしております。

日時2020-07-13 17:27:35

あや(質問主)


ご丁寧にご返答頂き、本当にありがとうございます!少しずつ量を増やして、筋力をつけてあげたいと思います。

1つだけ、ご質問しても宜しいですか?
この嘔吐は何かの内臓の不調からくるものと考えて良いのでしょうか?
もしくは馬肉を食べたことで、元々数値の悪かった膵臓が炎症を起こしてしまったのでしょうか?

何度も申し訳ありません。
何卒宜しくお願い申し上げます。

日時2020-07-14 21:51:35

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: