イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

nora(質問主)


犬アイコン 犬 15歳 メス ボストン・テリア

体重:6kg

飼育歴:14年4ヶ月

居住地:滋賀県大津市

飼育環境:室内

昨年の6月にかかりつけ動物病院にて肺水腫もって3.4日と診断され、1週間分の利尿剤と気管拡張剤を処方され、今後急変しても病院に連れて来ては行けないと言われました。しがし薬を与えてみるみるお腹の膨らみ減り、呼吸も安定し、自宅にて酸素吸入等を行っていた結果、現在まで何とか食欲もあり過ごしています。
ただ、最近お腹の膨らみがまた目立ちだし、破裂しそうなくらいにパンパンになっていて心配で。食欲旺盛で歩きまわり、夜も寝ているのですが。
かかりつけ動物病院には連れて行ってはいけないし、このまま看取るしかないのかなと。
肺水腫の場合は、高齢犬でもありますし、酸素吸入と利尿剤、気管拡張剤の投与くらいしか方法がないといわれています。もうすぐ15歳ですが、何かできることはありますでしょうか?アドバイスがあれば教えてください。よろしくお願いします。
今は薬だけいただきに動物病院に行っています。

日時2020-05-17 19:11:44

専門の獣医師からの回答

 お腹が張っている原因の1つに腹水があります。腹水は、腫瘍でも心臓病でも、または肝臓病などからでも生じますので、1年前の肺水腫とは関係がないでしょう。肺水腫は、肺に水が貯まる病気で一般的に僧帽弁閉鎖不全症などの心臓病(左心不全)で生じますが、腹水を生じる心臓病は肺高血圧や三尖弁閉鎖不全などの右心不全です。同じ心臓病でも病態が違いますので、ちゃんとした診断が必要です。
 もうすぐフィラリアの時期ですので、いずれにせよ病院にいって血液検査(フィラリア検査)をしないといけません。3,4日しかもたない肺水腫が治ったこと自体奇跡的ですので、ちゃんと診断してもらって適切な治療をされてください。利尿剤と気管支拡張剤は、心臓自体を治療するお薬ではないので、心臓が悪い場合には、心臓病のお薬が必要になるかもしれません。
 また、心臓のことばかりに目がいっていますが、腹部の腫瘍かもしれませんし、他の病気かもしれません。全身的な検査が必要です。

日時2020-05-19 10:55:09

高齢犬はどのような動きをするのか、実際の映像をまじえながら解説します。犬の行動を観察するコツをつかみ、早期発見につなげましょう。ヤマザキ動物看護大学准教授の茂木千恵先生が解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: