イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

きゃりこ(質問主)


猫アイコン 猫 10歳 メス 雑種

体重:5.3kg

飼育歴:9年4ヶ月

居住地:東京都台東区

飼育環境:室内

エコーで胃の高悪性度リンパ腫で肥厚で、リンパノードや腸にも及んでいるとの結果が出たものの、FNAでは病変を確認できなかったものです。あれからスライドを見たがん専門医、ラボ病理医からもこのサンプルからは病変を確認できなかったと言われました。

FNAを行った獣医に術後、ステロイドの投与について叱責されました。ステロイドが影響して結果が正確でない可能性があるとのことです。担当獣医さんからの薬歴にプレドニゾロンと記載があるので単に先方の見落としですが、1.果たしてステロイドが検査結果にどれほど影響するのでしょうか?
投与期間は6日で量は1日5mgを2回に分けて飲ませています。FNAはエコーを使用して通常より4倍の厚みがある胃壁に針を刺したそうです。次は内視鏡でバイオプシーをするためステロイドを1週間やめるよう言われています。2.そのくらいの期間でステロイドが検査結果を邪魔しなくなるものなのでしょうか?

今の猫の状況ですが、3月に受診して以来、はじめて状態が著しく改善しました。6日間のステロイド投与が功を奏したのでしょうか。元気もあり、毛並みがよくなり、食欲もでてきて自力で少しずつ食べられるようになりました。口をくちゃくちゃすることもなく、2、3日に一度やわらかめではありますが形のある便をします。

そこでもう少しご質問ですが、3.リンパ腫というよりIBD等による胃やリンパノード、腸の炎症という可能性は高くないでしょうか? 4.また、過去の投稿を読みましたが、こうした疾患を確定するのが難しいならIBDと仮定して治療をスタートすることはできないでしょうか?5.そのような場合、ステロイド以外の薬としてどんな選択があるのでしょうか?
6.また、胃線癌の場合はどのような治療になるのでしょうか?

貴重なご意見を下さる先生方、Sippoさんにはこのような場を提供していただいて大変感謝しております。ありがとうございます。

日時2020-05-16 16:58:04

sippo編集部からのお知らせ

sippo編集部です。
ご利用ありがとうございます。
健康医療相談は、実際に動物を診察しているわけではなく、
いただいた投稿内容だけで獣医師が判断してアドバイスするサービスです。
実際に動物を診ずに、これ以上のアドバイスはいたしかねます。
すでに16日の獣医師からの回答にありますように
かかりつけの獣医師によくご相談されることをおすすめします。
ご理解いただけますようお願いいたします。

日時2020-05-19 19:01:04

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: