イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

Rasras1130(質問主)


猫アイコン 猫 14歳 メス 雑種

体重:2.6kg

飼育歴:11年8ヶ月

居住地:北海道札幌市白石区

飼育環境:室内

はじめまして
推定14歳の猫女の子について相談させて下さい。
過去に糖尿病の既往歴があり、現在甲状腺機能亢進症で治療中で現在2.65キロあります。
相談内容として以下の状態から考えて亢進症の投薬量が適正なのか教えて頂きたいのです。

T4値5.74μg/dlで甲状腺機能亢進症と診断されメルカゾール5mgを一日二回投薬開始しました。合わせて胃薬、抗生物質(ともに粉薬)を飲ませていました。
この時点で総ビリルビン値0.1以下、GPT:56(U/l)、GOT:21 (U/l)、ALP:208(U/l)

約ニ週間後に0.63μg/dlまで下がり5mgを一錠に減薬。

その3日後、一日4回液体を吐き、食欲減退し、オシッコが黄色ため血液検査を行いました。

T4値0.67、総ビリルビン値2.8、GPT:1000以上(U/l)、GOT:398(U/l)、ALP:266(U/l)
となり全ての投薬中止となりました。
脱水症状も出ていたため皮下点滴と強肝剤?の点滴を開始。

そこから3日後
総ビリルビン値8.8、GPT:395(U/l)、GOT:134(U/l)、ALP:744(U/l)
食欲もなく、水分も自発的に取らない状態で、現在も点滴中です。

食欲減退と黄疸はメルカゾールの副作用なのでしょうか?
メルカゾールの量は10mg/日までとは言え糖尿病の既往歴があり体重3キロ以下でT4値がそこまで高くないこの子には多すぎたのではないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

日時2020-03-31 22:57:07

専門の獣医師からの回答

愛猫さんが体調不良との事、ご心配の事かと思います。メルカゾールは甲状腺機能亢進症の唯一の治療薬と言っても過言ではないですが、副作用が認められる事も多い薬です。皮膚に痒みが出たり、血球成分に異常が出たり、肝臓の値に変化が出て投薬を断念せざるを得ない場合が一定数あります。その場合には食事療法に切り替えるか、外科手術を検討するなどの選択肢があります。ご質問の猫ちゃんについてですが、投与量は間違いではないですが若干高めかとは思います。ただ、現在の不調との因果関係は分かりません。メルカゾールの副作用は投与量よりも、そもそも薬が合う合わないといった体質に関係する場合が多いように認識しています。猫ちゃんの病状が快方に向かう事をお祈りしております。

日時2020-04-04 17:14:22

 

この質問の回答は締め切りました。

これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: