イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

もふ(質問主)


猫アイコン 猫 2歳 メス 雑種

体重:3.6kg

飼育歴:1年7ヶ月

居住地:長野県中野市

飼育環境:室内

猫の激しいしゃっくりのような症状が止まりません。
夜中のためすぐに病院に連れて行くこともできず、猫喘息も患っているため、そちらも併せてご相談させていただければと思います。

まず喘息についてですが、アレルギー性の喘息を患っており、特異的IgE検査結果では添付の画像の通りほぼすべてに高い数値を出しています。今は改善しましたが、一時期は好酸球性皮膚炎も発症していました。
喘息症状は月齢11カ月頃から発症があり、朝方に発作が起きることが多いです。落ち着いている時期と酷い時期があるようで、酷いときにはステロイドありでも週4-5回発作が起きます。
こまめな換気に加え就寝時に寝室のドアを閉め切らないようにしたら大分改善しましたが、それでも症状が出るときは時間関係なくでてしまいます。症状がでたら錠剤のプレドニゾロンを与え、それでも続くときには病院でステロイドを注射してもらっています。

実行している環境対策としては、掃除機は使わないようにし、空気清浄機を稼働させています。
寝具は防ダニ布団を使用し、ペット用のファブリックにはダニクリンを吹きかけています。
フードはできれば処方されたアレルギー対応フードのみを与えたいのですが、好き嫌いが激しいため、市販のアレルギー対応フードも与えています。

現在のしゃっくりのような症状については、今回初めてで、私が20分シャワーを浴びている間に出ており、その時は猫砂を掻いてたので猫砂がトリガーになったのかもしれません。
症状が出る間隔は本当にしゃっくりと似いるのですが、空咳のように強く、乾いた音がでます。時々くしゃみのような激しい症状が出て、その時は喘息症状と同じく痰を飲み込むような仕草をします。水っぽい鼻水も出ているようです。
ステロイドを与えたら一度落ち着いたように見えたので、猫も私も寝たのですが、3時間後に再発し3時間ほど続いています。もしかしたら私が眠っていただけで、もっとはやく再発していたかもしれません。

ペット保険の24時間獣医師電話相談サービスに電話で相談したところ、心臓に異常がある可能性がある、冷たい外の空気をいれると治ることがあるとのことで、しばらく窓を開けてみましたが改善はなしでした。

食欲はあり、排泄物の異常も今のところは見られず、意識もしっかりしていますが、少し身体が熱く、症状が続き眠れないことで疲れてきているようです。

朝一で病院に連れて行きますが、この症状は喘息に関係のある症状なのでしょうか?次この症状が出たとき、なにかできることがあったらアドバイスを頂けると助かります。
また、喘息についても完治させたいため、治療法や有効な対策がありましたらアドバイスをいただきたく、よろしくお願いいたします。

日時2020-03-10 05:04:33

専門の獣医師からの回答

内容を拝見いたしました。お尋ねの、しゃっくり様の症状は、おそらく咳と思われます。IgEの検査結果では、植物、昆虫、食品において激しい上昇が認められます。この状況であると、あらゆる物質に反応があり何に反応しているか不明です。治療においてはステロイド、抗ヒスタミン剤、気管支拡張剤などを組み合わせ計画的に治療をする必要があります。ステロイドなどは飲んだり飲まなかったりするのではなく、一定期間は高用量を投与しながら減量する方法が一般的です。IgEの検査は、できましたら再度行い治療によってどこまで改善するのか判定しながら治療を継続する必要があり、主治医とよくご相談されてください。

日時2020-03-11 15:41:52

もふ(質問主)


ご回答、アドバイスいただきありがとうございます。
先生のおっしゃる通り、しゃっくりではなく咳とくしゃみが混じったもののようで、主治医に診てもらったところ、ウィルスが喘息症状を誘発しているのではないかとのことでした。
現在は断続的な咳とくしゃみは初期に比べれば落ち着いたものの、鼻水と涙がひどく、食欲もなくなってしまい、抗生剤を混ぜたちゅーるを舐めるのが精一杯でぐったりとしています。ただ、咳が落ち着いたので眠れるようにはなりました。今日は病院が休みなので、明日朝一でもう一度みてもらう予定です。

喘息の治療法に関しては、2つの病院で診てもらいましたが、どちらもステロイドしか処方されたことがなく、なるべく薬に頼らずにアレルゲンを排除していくという方針だったので、もっと重症化してから他の薬や治療法へ移るのが一般的なのかと思い込んでいました。
ステロイドの高用量は、牛アレルギーでワクチン接種させてやれていないため少し恐いのですが、治療法について主治医と相談し、計画をたてて治療に臨んでいきたいと思います。

またご相談させていただくかと思いますが、その時には何卒よろしくお願いいたします。

日時2020-03-11 19:45:43

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: