イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

yorkiepapa(質問主)


犬アイコン 犬 9歳 オス ヨークシャテリア

体重:2.9kg

飼育歴:8年3ヶ月

居住地:東京都町田市

飼育環境:室内

3・4ヶ月くらい前から急に始まりました。

通常の散歩のあと、右前足の第4指(外側から2番目の指)
の上側(人間で言うと甲側)の爪のごくキワが
すりむいたようになり出血していました。
傷の幅(指と直角方向)2㎜、長さ(指方向)4㎜
で深くはなくちょうどすりむいた感じです。
その後2/3日に1回という程度に出血しており、
(散歩は毎日、1/2回)
最近2/3週間前からは、今度は左前足の第3指の同様の箇所
(爪のキワ、上側)もすりむき出血することが
始まりました。
現在はその両方の状態が続いております。

よく観察していると、歩くとき前足を踏み出す瞬間、
甲側の先を少し地面にするような感じで前足を出して
いるように見え、
傷の具合から見ても、それが原因ではないかと思います。

以前はそのような傷を作ることはまったくありませんでした。
始まったことについて特に思い当たるきっかけはありません。
なお、老化かとも思いましたが、体調はごく健康で
運動(ウォーキングや短いランニング)も
変わりなく喜び元気にできます。
外見、食欲、排泄、環境の変化等々すべて以前と
変わりなく問題ありません。

お訊きしたいことは、
なにが原因でしょうか?
上記歩き方の問題ではという私の推測は正しいでしょうか?
これは、犬にはよくあることなのでしょうか?
また、何か対処(例えば歩き方の矯正とか)法は
あるものでしょうか?
なお、散歩の際ソックスを履かせてみましたが
チビ犬のためでしょうか、すぐ脱げてしまいます。

どうかよろしくお願いいたします。

日時2020-03-06 15:29:17

専門の獣医師からの回答

足の甲側の爪の付け根付近の皮膚をすりむけるとのことですね。
通常、どんな生き物も歩く際に甲側を地面につけて歩くことはしません。
ただ、神経疾患などで麻痺がでてくると歩く際に足が上手く使えずに甲側がすれてしまうことがあります。
歩けているとのことなので今のところ重度の神経疾患ではないと思いますが、注意が必要です。
一度、病院を受診されることをお勧めします。

日時2020-03-11 10:27:17

高齢犬はどのような動きをするのか、実際の映像をまじえながら解説します。犬の行動を観察するコツをつかみ、早期発見につなげましょう。ヤマザキ動物看護大学准教授の茂木千恵先生が解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: