イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

なな(質問主)


猫アイコン 猫 4歳 オス 雑種

体重:3.5kg

飼育歴:4年8ヶ月

居住地:群馬県沼田市

飼育環境:室内

9月頃から下痢が続いており、通院していましたがなかなか治らず、原因も分からなかったのですが、12/10に受診した際に腹部にしこりがあることが分かり、レントゲン、エコー検査をしました。そのしこりが、何なのかはお腹を開けて見ないと分からないとの事だったので、その日のうちに開腹手術をして頂きました。その病変を病理検査に出した結果、好酸球性硬化性線維増殖症という診断でした。本日、抜糸を終えてたのですが、特に今後の治療については何も言われませんでした。餌も消化の良いご飯を与えた方がいいかと聞いたところ、普通のご飯でいいとの事でした。

この病気について調べたところ、ステロイドや抗菌薬の投与が、必要であると書かれているのですが、本当に何も薬を飲まなくてもよいのでしょうか。また、餌もやはり消化の良いご飯の方が良いのではないかと考えています。

言葉にまとまりがなく申し訳ないのですが、アドバイスを頂けたら幸いです。

日時2019-12-26 18:15:27

専門の獣医師からの回答

 手術して間もないためステロイドなど治療ができない状態にあると思います。間もなく投薬が始まると思いますので、主治医の先生に従ってください。

日時2019-12-29 12:54:14

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: