イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

かじゅ(質問主)


猫アイコン 猫 2歳 オス 雑種

体重:6kg

飼育歴:2年0ヶ月

居住地:兵庫県神戸市東灘区

飼育環境:室内

はじめてこちらにご相談させていただきます。

1ヶ月半前に愛猫の左頰の下あたりに小さな腫れを見つけて、かかりつけの動物病院に連れて行きました。
先生曰く、リンパが腫れてるとの事でニューキノロン系の抗生物質を処方されましたが、そのお薬で治ったとしてもなぜ腫れたのか等、原因が知りたかったので病理検査も同時に行っていただきました。

数日後の検査結果はリンパ節過形成でした。
現時点では悪性の心配はなく処方した抗生物質で様子見てくださいとの事でした。

10日間の抗生物質投与の結果、少しは腫れは引いた気がするのですがなんとなく完全になくなった感じはなく少しだけ違和感が残りました。

そして、昨日から腫れが再発し、その上本日の朝、破裂して血膿らしきものが出てきました。
今回の腫れの方が大きいです。

幸いすぐに止まりましたし、本猫は痛がったりする様子もないです。
排泄の問題もなく食欲もあります。
その場所以外に腫れなどはないです。

ちなみに、抗生物質投与中も少し汁(膿み?)みたいなものは出ていたので、本当に抗生物質が効いてるのかの不安もあります。

今日は祝日でかかりつけの病院がお休みなので明日先生に相談しにいく予定ではおりますが、別の先生方のご意見もお聞きしたく投稿させていただきました。

・過形成の治療方法
・今回の抗生物質は効かなかったという事なのか
・過形成とは繰り返すものなのか
・過形成とは膿んだりするものなのか

など。
リンパ節過形成に関してネットで検索したりもしてますが、
どういった状態になって腫れるのかなどの事は書いていても
治療に関してはあまり書いておらず私自身、情報不足でもあります。

何かご意見、アドバイスなどいただけると嬉しいです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

以下追記

祝日があけて、昨日、かかりつけの病院に行ったところ、出ていたのは血膿ではなかったです。
おそらくリンパ液だとの事。
血膿ではなかった事を知り、私の中でリンパ腫ではないのかという不安が浮上してきました。
過形成との結果は出たものの、リンパ腫初期の場合は診断が困難なケースもあるとの説明もありました。

先生は、ほかのリンパに腫れが出ていない事からそこまでリンパ腫の疑いはしていないようでした。

現在、昨日に比べると腫れも小さくなってきており、今までとは少し違って継続的に少しずつ汁が出ています。

以上の事を踏まえて以下の質問を追加させていただきます。

・リンパ腫の場合抗がん剤なしでも腫れが小さくなったりしますか?
・最初に腫れた時から現時点で1ヶ月ほど経っています。リンパ腫の可能性はどのくらいでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

日時2019-09-16 18:05:01

専門の獣医師からの回答

リンパ節が腫れる原因には、反応性過形成、リンパ節炎、リンパ腫があります。細胞診で鑑別が可能なことが多いですが、病理検査でないと不明な場合もあります。今回行われた病理検査はどういう方法で採材されたものでしょうか。
針で刺して細胞をとる程度では、判断がつかず、リンパ節をまるごとひとつ切除して、検査をする必要がある場合もあります。とくに過形成と高分化型リンパ腫を区別するには重要な検査となります。

日時2019-09-24 14:05:42

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: