イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

柴ワンコすず(質問主)


犬アイコン 犬 17歳 メス 柴

体重:5.4kg

飼育歴:16年5ヶ月

居住地:東京都町田市

飼育環境:室内

今年4月頃より夜鳴き
昼夜逆転傾向
かかりつけ医相談し、メイベット(サプリ)効果ない。二週間後にコントミン12.5mg 夜4錠効果なし。又二週間後、ベトルフアール0.3ml 6月12日夜投与したが 直ぐ効果あり。四時間効果あり。翌日、終始鳴き騒いで流涎 呼吸は浅速となる。小脳腫瘍の影響もあり バランス低下や失調様みられていたが、ベトルフアール投与後はバランスはじめ機能低下と興奮が著名となる。14日主治医に相談するものの 薬の副作用ではないと否定。不安にも関わらず 明確に薬の説明などなく不安。今後の犬の生活など助言を頂けますと幸いです。

日時2019-06-14 19:09:17

専門の獣医師からの回答

16歳の柴犬とのこと、かなり見当識障害、昼夜の逆転現象に悩まされておられることと想像します。
一般にこの手の症状に用いられる薬剤は、抗不安薬、抗精神病薬、さらには塩酸ドネペジル、塩酸セレギリンなどの投与を順次行い、反応性を見て行くことがなされます。ブトルファノール(ベトルファール)については、作用時間が短いことと副作用も想像しにくいことから、今回の症状との関連性はやはり薄いと考えます。
また、理学的療法としては、昼間はできるだけ声を聞かせて日に当ててという刺激を与えることで覚醒させておき、夜に眠たくなる努力も必要です。
薬剤を試して行く期間も大変ですが、ご検討ください。

日時2019-06-19 10:09:32

犬は「汗の匂い」に敏感で、人の感情を読み取るともいわれています。のべ10万頭以上の実績があるしつけ教室「スタディ・ドッグ・スクール」代表の鹿野正顕先生が、オンライン講座「まなびばsippo」で、飼い主が注意すべき「匂い」について解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: