イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

おかこっちゃん(質問主)


猫アイコン 猫 5歳 オス アメリカンカール

体重:4.5kg

飼育歴:5年3ヶ月

居住地:長野県上田市

飼育環境:室内

もともと春先から夏にかけて、毎年皮膚の調子が良くなく、写真のように搔き壊ししてしまうことや、搔き壊しはなくとも脱毛してしまうことがあります。
病院へ行っても、真菌と判断された時もありますが、薬で治らなかったり、アレルギーと言われたりで原因が特定できていません。
1ヶ月前にアレルギーかな❓と言われて、ロイヤルカナンのアミノペプチド を食べたら合わないようで、お腹を下してしまったのでやめました。
対処方法について、お伺いできればと思います。

日時2019-05-21 11:10:15

専門の獣医師からの回答

ご質問にお答えさせて頂きますが、写真だけですので可能性の話としてお答えさせて頂きます。
痒みの時期が春から夏ということはその時期に何かに反応している可能性があります。その場合はやはりアレルギーを疑い、特にハウスダストに対するアレルギーが多いかと思います。他には花粉やカビなども考えられますが、いずれにしても自宅のまめな掃除が必要です。食物アレルギーに関してはアミノペプチドフォーミュラーがどの食物アレルギーにも対応していますが、合わないようなら他のアレルギー食をかかりつけの動物病院で紹介して頂いてはどうでしょうか。食物アレルギーに関しては数か月それだけにする必要がありますのでご注意下さい。掃除や食事療法で改善がない場合は薬物療法が必要になります。実際に猫アレルギー性皮膚炎かどうかも含めて、改めて動物病院で診断してもらう必要がありますので早めに受診された方がよろしいかと思います。

日時2019-05-26 21:45:15

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: