イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

yosino(質問主)


猫アイコン 猫 13歳 オス 雑種

体重:8.5kg

飼育歴:12年11ヶ月

居住地:宮城県仙台市青葉区

飼育環境:室内

約1か月半前に、多飲多尿の症状がみられるようになり病院に行ったところ糖尿病と診断されました。1か月のインスリン注射で、血糖値は、383から203に下がり、フルクトサミンも正常値になりましたが、ALTが、84から110に、BUNが、30.0から35.3に、クレアニチンが、1.27から1.95になり、肝臓の薬ウルソ50とセミントラも処方されました。正直、糖尿病の注射にも慣れ始めたばかりで、動揺しております。
この1か月で、尿の量や飲水量もおちついていますが、糖尿病の食事で、腎不全に影響は出ないものなのでしょうか?現在、食事はロイヤルカナンの糖コントロールを1日50g与えています。糖尿病と腎不全両方をうまくコントロールしていくために、できることがあればアドバイスお願いします。

日時2019-04-26 15:36:50

専門の獣医師からの回答

糖尿病の猫さんに、腎不全の徴候が出てきたとのこと、ご心配かと思います。
シニア期の猫には複数の疾患が出てくることは不思議ではありません。
特に糖尿病は血糖により血液の浸透圧が上下して脱水を起こしますので
腎機能に異常をきたすこともあるかと思います。

基本的には腎臓病の治療と糖尿病の治療は相反するものではありませんし
食事療法も大きく矛盾するものではありません。
肥満があったり血糖のコントロールが難しければ糖尿病用のフードを
腎臓病の進行が上回れば、腎臓病用のフードを与えるのがいいかと思いますが
これは主治医の先生の「さじ加減」になりますのでよくご相談頂ければと思います。
猫さんの病状が落ち着くことをお祈りしております。

日時2019-04-28 00:43:16

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: