イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ノア(質問主)


犬アイコン 犬 12歳 メス ラブラド-ル・レトリーバー

体重:22.5kg

飼育歴:11年6ヶ月

居住地:長崎県諫早市

飼育環境:室内

先日、相談に対しとても的確なアドバイスをいただきまして、本当にありがとうございました。
返事をいただいた日に病理検査の結果が来て、まさかの血腫でした。
肉腫の覚悟をしていたので夢のようでした。
アドバイスと同じく、かかりつけの先生も一時退院を、と言われて連れて帰りました。庭でしばらく過ごしたら落ち着いたのか、ほんの少しですが食べ物を口にしてくれました。
それから徐々に種類も量も増えています。
開腹時に肝臓の色が悪かった、ということと、加齢による心臓負担もあるので、現在はまだ強肝剤を注射しています。心臓の薬は今後継続になります。日によって浮き沈みが激しくまだまだ心配ですが、とりあえず元の生活に戻れる可能性が高くなりましたので、油断をせず付き添いたいと思います。この度はありがとうございました。

日時2019-04-22 09:32:24

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: