イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

モモ(質問主)


犬アイコン 犬 10歳 メス イングリッシュ・セタ―

体重:12kg

飼育歴:0年1ヶ月

居住地:茨城県水戸市

飼育環境:室内

僧帽弁閉鎖不全のレベル3〜4と診断を受けエースワーカー錠1を1日に2回(1回につき2錠)とベトメディンチュアブル5を1日に2回(1錠を半分に割り朝晩投与)をまず1週間与えてみて下さい、と言われ投与してきました。
問題なく投与できたので、最初にお薬を頂いた病院でなく自宅から近い病院に同様の薬を出してもらえないか相談に行ったところ、アピナック12.5とdsピモハート2.5を若干エースワーカーとベトメディンとは成分は違うが当病院ではこちらしか出せないと言われ仕方なくこのお薬を頂いて帰りました。
このお薬でも問題はないのでしょうか?
心臓の肥大も少し見られる状態です。

日時2019-04-06 10:15:58

専門の獣医師からの回答

エースワーカーとアピナックはでともにACE阻害薬ですが、メーカーが異なります。ベトメディンとピモハートは、ピモベンダンというお薬です。前者は先発メーカー、後者は後発メーカーになります。
特に問題になることはないと思います。

日時2019-04-16 17:50:06

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 

この質問の回答は締め切りました。

これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: