イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ティナの母(質問主)


犬アイコン 犬 10歳 メス 雑種

体重:7.6kg

飼育歴:9年9ヶ月

居住地:愛知県春日井市

飼育環境:室内

2017年2月、由来不明肉腫(未分化)のため右後ろ足を大学病院で断脚しました。術後カルボプラチンによる抗がん剤治療も受けましたが、3回目投与後急性腎不全になり中止しました。その後大学病院で定期的にレントゲン・エコー・CTによる検査を受け、2019年1月にCTを受けた時点で転移再発はなく完治と診断されました。今後は経過観察で定期的な検査の必要はないとのことでしたが、かかりつけ医からは半年から1年後くらいの間に、もう1度検査を受けてはどうかといわれました。また2年で完治というのも疑問に思うといわれましたが、犬の腫瘍の完治の時期は何年でしょうか?
また今後の検査については、どのように受けるべきと思われますか?

日時2019-04-01 01:29:03

専門の獣医師からの回答

人の場合、胃がんや大腸がんは5年間、肝臓がんや乳がんは10年間を完治の目安としているようでが、犬の場合、様々な腫瘍における完治の定義は、はっきりしていないと思われます。犬と人の寿命を比較して、人の5~10年は犬の2~3年に相当すると思われますので、術後のCT検査で転移再発が認められないようであれば、そのあたりを完治の目安と考えても良いのかもしれません。これから10歳を超える年齢になってきますので、ご心配なようでしたら、健康診断を兼ねて1年に1回程度の定期検診を受けられることをお勧め致します。

日時2019-04-05 00:07:55

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: