イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

きょうこおねんさん(質問主)


猫アイコン 猫 5歳 メス 雑種

体重:3.0kg

飼育歴:3年5ヶ月

居住地:東京都渋谷区

飼育環境:室内

3年半前に保護した雌猫です。
口内炎、血尿等のためたびたび病院でステロイド、抗生物質の注射をしてもらっています(不定期です)。1週間前にも打ってもらいました。
行動がおかしいのでネットで調べたところ知覚過敏症であることもわかりました。保護した当時から精神的に不安定で、そのために病院にかかったことも何度かあります。
いろいろ問題はあるのですが、今、次の2点で困っています。
〇足で掻いたり、口で舐めながら毛を掻きむしったりして、自分の体を傷つける行動が出てきました。病院では安定剤を飲ますよりほかないといわれましたが、強い薬を注射で体に入れているからでしょうか、薬など怪しいものは一切口にしなくなりました。良い方法がありますでしょうか?
〇ベランダで日向ぼっこをするのが好きなのですが、1週間ぐらい前から雨水が流すコンクリートの溝をしきりに舐めるようになりました。東京の住宅地のマンションですので大丈夫かと思いつつ、回虫の卵でもいたら怖いので(保護したときに何匹もの回虫がいて、駆除しました)ベランダに出さないようにしていますが、要求を満たしてあげないとますますストレスが溜まっていくのではないかと案じています。例えば、唾液に*菌作用があれば、多少のことは大丈夫なのかもしれませんが、どうなのでしょうか。

いろいろな病気が出てきて、年を重ねるとともに体や精神が壊れていくようで、見ているのがつらいですが、肩や膝に乗ったりしていつも一緒にいる、とても可愛い猫です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

日時2019-03-17 17:32:15

専門の獣医師からの回答

何れも、不安から来るものと考えられます。治療としてはフェロモン療法、抗不安剤、抗ウツ剤の投与等があります。
罹り付けの動物病院によく相談してみてください。
東京であれば行動学の得意な獣医師が大学の付属動物病院に勤務されています。
場合によっては、罹り付け動物病院に紹介をお願いして下さい。

日時2019-03-28 17:22:51

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: