イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ニャンコ(質問主)


猫アイコン 猫 16歳 オス スコティッシュフォールド

体重:5.3kg

飼育歴:15年7ヶ月

居住地:埼玉県春日部市

飼育環境:室内

糖尿病の15歳の猫です。朝晩でプロジンクのインスリン注射をしています。今は、朝晩6時に3.5単位注射しています。12時間ごとの注射が良いと聞いていますが、これから仕事の都合で夜の注射をする時間が20時30分くらいと遅くなりそうで困っています。餌はお腹が空いてしまい鳴くので、実際打てる時間より3時間前から少量ずつ自動給餌器でやる事を考えてます。3時間後の食後打ちでも可能なものかと、朝晩の間隔が不規則になってしう影響は大きいでしょうか…

日時2019-03-07 21:04:51

専門の獣医師からの回答

16歳と高齢ですが、体重5.3kgとのことですので、痩せすぎることなく上手にコントロール出来ているご様子ですね。
「朝が6時、夕方が午後8時半に注射することになる」とのことですが、間隔が14時間と10時間であれば、おそらく大きな影響は無いと思われます。
ただ、朝は朝ごはんを食べるのを確認してから注射してあげてください。
また、夕方の食餌を自動給餌機で少量ずつ午後5時半ころから与えることは、留守中の低血糖を予防する目的からすると、特に問題は無いと思われますが、食べ始めから夕方の注射までに時間がありますので、あくまで少量宛が良いと思われます。
今回ご相談の内容については、主治医にも確認しておかれることをお勧め致します。
どうぞお大事になさって下さい。

日時2019-03-11 22:51:03

ニャンコ(質問主)


ご丁寧なお返事ありがとうございます!お話を聞いて不安が和らぎました。主治医にも状況を伝え経過をみてきたいと思います。ありがとうございました。

日時2019-03-12 07:22:01

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: