イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

(質問主)


犬アイコン 犬 5歳 メス ミニチュアダックスフンド

体重:8kg

飼育歴:0年5ヶ月

居住地:東京都杉並区

飼育環境:室内

不妊手術後に生理が来ました。獣医からは、卵巣を一部意図的に残したが、2-3回生理が来たら止まるからと言われました。変だと思っています。

犬種選択できなかったのですが、うちのはスタンダードダックスらしいです。生まれたのは3月頃ですが、不正確です。知り合いからもらいました。既往歴はなく、個体認識チップあり、ワクチン接種は全てやっています。

今年の9月に不妊手術をしました。やや早めでしたが、正確な月齢がわからなかったこと、乳歯がだいぶ抜け終わっていたこと、体も大きくなっていたことから、行うことになりました。

11月下旬から、乳頭の発達や月経が見られたので、執刀した獣医に問い合わせたところ、下記の回答でした。
・まだ小さかったので、卵巣を全て取るのは危険と判断して一部(1つ?)を残した(写真参照。左卵巣が残してあるように見える)
・数回生理が来るけど、自然に止まるから心配いらない。

そこで、以下質問です。
若年で、視床下垂体が正常にはたらいているのに、卵巣機能が自然消退するとは考えづらいのですが、犬だとありえるのでしょうか?
手術の失敗による卵巣遺残症候群があることからも考えにくいように思います。

海外在住なので、日本に連れて帰ったら手術を検討したいのですが、再手術になるのでいろいろ心配です。普通の獣医さんで診てくれるのでしょうか?

日時2018-11-28 11:41:38

専門の獣医師からの回答

生理が来たとというのは、発情出血なのか、陰部の主張等などの発情の症状が現れたのかがわかりませんが、この図であれば、左右の子宮は摘出しているので、卵巣が残っていても陰部からの出血はしません。発情出血があるのであれば子宮も残っているということになります。
卵巣子宮的手術で、出血をすることはほとんどありませんが、この図の中に「Breeding」と書いてあるので、予期せぬ出血があったのかもしれません。
卵巣を残しているのであれば、今後も定期的な発情が続きます。2-3回で収まることはありません。
通常の発情周期で発情出血は止まるという意味で言われたのではないでしょうか。
具体的には、年に2回程度発情し、その出血は14日程度だということ。
また卵巣を残していると、将来的に難治性の膣炎などを発症する可能性が高いです。
再手術で、卵巣を摘出したほうが無難だと思います。
昔はホルモンの関係で、卵巣を1つ残す手術法というのもありましたが、現在では卵巣は必ず摘出します。子宮は残す方法もありますが、卵巣子宮摘出術が主流です。

日時2018-12-03 17:10:40

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: