イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

hachan(質問主)


猫アイコン 猫 10歳 オス 雑種

体重:6kg

飼育歴:10年2ヶ月

居住地:三重県桑名市

飼育環境:室内

先日、健康診断を受けました。
血液検査、尿検査等問題なかったのですが、胸のレントゲンで心臓の左上あたりに白い影がうつっていました。
担当の先生によると皮膚には異常はなさそうとのことで、今回の検査でははっきり何かはわからないとのことでした。
猫は特にいつもと変わらなく元気にしています。
担当の先生から、半年後もう一度レントゲンを撮るよう言われましたが、後から心配になってきてしまいました。
先生の言う通り半年待って大丈夫でしょうか。万が一癌であった場合、半年後には手遅れということはありますか?
半年またずCTなど他の検査を受けた方がいいですか?
よろしくおねがいします。

日時2018-11-20 21:55:22

専門の獣医師からの回答

画質が悪いので、どの部分を言われているのかがはっきりしません。
この画像では診断不能です。
皮膚は問題ないといわれたのであれば、肺や心臓などの胸腔内臓器の異常を疑っているのではなく、その外、骨や筋肉、皮下組織などに発生した結節(しこり)を担当の先生が疑っているものと思われます。
6㎏の雑種ネコなので、太りすぎて皮下組織などにある結節がわからないのかも知れません。
その結節がどこにあるかもわかっていない状態では何もわかりませんので、それを診断する必要があります。
レントゲンは通常、2方向から撮ります。この添付は伏せ(もしくは仰向け)の状態で撮った写真だけですが、横に寝かせて取った写真があると思います。それを撮っていないのであれば、まずはその方向でレントゲンを撮ってもらいましょう。
それでもわからなければ、CTでもいいですが、その前に超音波検査が有益かと思います。針でさせるようなところに結節がみつかれば、針生検をすべきでしょう。針の細胞を診ると何らかの情報が得られると思います。ただし、針生検でとれる細胞はごく少数ですので、良性と結果が出ても、針で刺していないところが悪性ではないということにはなりません。
結節の種類によって予後が変わってきます。悪いものであれば早いうちに切除すべきでしょう。

日時2018-11-26 19:55:49

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: