イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

タンタン(質問主)


猫アイコン 猫 1歳 オス 雑種

体重:3.6kg

飼育歴:0年7ヶ月

居住地:秋田県湯沢市

飼育環境:室内

オシッコが出なくなり救急で行った医者に石が詰まってるから取りましょうと言われ麻酔二本と痛み止めの注射を打たれました。が結局オシッコは出ずこのまま死ぬと言われ帰されました。あきラメきれず、家に帰ってからずっとオシッコを出そうと頑張りました。結果赤いおしっこが大量に出で一安心でした。ただ麻酔からはさめず朦朧として目も虚ろでした。つぎの日離れた評判の良い病院にやつれて行きました。弱ってるネコに麻酔を打つなんてと言われました。その後五日間集中治療室に入り一命は取り留めました。まだ後遺症はありますが退院して暮らしてます。食べ物も制限はありますが色々考えてあたえています。

日時2018-05-25 23:24:08

sippo編集部からのお知らせ

sippo編集部です。
ご利用ありがとうございます。
ご投稿いただきました。
大変な経験をされたようで、心中お察しします。
さて、健康医療相談は投稿いただいた内容だけで判断し獣医師がアドバイスするサービスです。
状況説明だけでなく、
何を聞きたいのか、はっきりご記入いただきませんと、アドバイスができません。
その部分を含めて、あらためてご投稿いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

日時2018-06-01 14:42:18

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: