イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ユキミエコフジオ(質問主)


犬アイコン 犬 12歳 オス ペキニーズ

体重:3.0kg

飼育歴:12年7ヶ月

居住地:千葉県習志野市

飼育環境:屋外

医師処方の痙攣発作防止剤<朝夕2回>と脳圧低下剤<朝のみ>を投与してます。2ヶ月前から投与、その間、投与の量や日は何回か変更してます。医師も治療に悩んでいます。当初は、短時間の散歩もでき、食事も自力で食べてましたが、徐々に、足腰が弱くなり、食事も現在はシリンジで流動食を食べさせてます。ほとんど、寝たきりです。医師の説明では、薬<痙攣剤>の副作用ではと、それで、痙攣剤の量を30%減になりました、今のところ、痙攣発作はありません。
ただ、薬の投与時から、からだは、むしろ弱くなり体重も2ヶ月で0.8キロ減りました。食事は、カナンのシニア<エイジングケア>と軟骨スープ煮を35%
サプリは、ギャバ、グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、ピロアンドゾン、ノイロビタンを、ミキサーでミックスして、シリンジで飲ませてます。一日トータルで70~80グラムはたべてます。自分で飲み込んでます。嫌がりません。そして、アロマオイルを嗅げさせたり、足裏にオイルマッサージをしてます。せめて、自力で立てて、少しでも歩けるようにしたい、その方法を教えて下さい。医師のみに頼らず、家で治療の力になる事を何でもいたします。なを、排泄物は、10日ほど前までは、ベランダに出て自力でしてましたが、今は、パンツをはかせてます。時々排泄時に泣きます。また、日中は、ほとんど横になってねてます。夜中に、2~3回ほど目をさましてます。その時は、体をさすったりして、介護してます。
身体の変調は、特に天気、雨の前に低気圧の日は、泣いたり、身体をゆさぶったりします。自宅での介護方法とリハビリ方法を御指導下さい。

日時2017-12-09 23:46:44

専門の獣医師からの回答

医師とは獣医師のことだと理解します。痙攣発作の薬と脳圧低下剤を与えているようですが、どのような検査を行い、診断名(病名)は何ですか。まだ、12歳7か月なので心配ですね。ご質問は、自宅での介護方法とリハビリ方法の問い合わせと理解しますが、病名によって異なりますので、まずはしっかりした診断が必要だと思います。

日時2017-12-12 17:37:30

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: