イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ぶぅ(質問主)


猫アイコン 猫 13歳 メス スコティッシュフォールド

体重:不明

飼育歴:12年5ヶ月

居住地:香川県小豆郡土庄町

飼育環境:室内

先日相談したものです。
続きになります。
あの後、病院に連れていきましたが、触れることもなく、アレルギーだもといわれかえされました。離島ですので、お金儲けにはしる****しかありません。獣医師という使命をわすれているようです。
うちの猫は、とてもビビりで怖がりということもあり、船に乗って島外の病院へいくということは、不可能にちかいです…
そして、その後どうすることもできず、今日鼻のテッペンに
鼻血の出たあと?のようなものがついていました。
これは、なんなのでしょうか。。。

日時2017-03-26 17:56:34

専門の獣医師からの回答

ご返事が遅くなり申し訳ございません。
直接診察している獣医師がアレルギーを疑っておられるとのこと。実際に診たり触れたりしている先生のお考えのほうが正しいかもしれません。極めて神経質な猫で島外の病院に連れてゆくことが困難とのこと。難しい問題ですね。
ただ、今回のご相談に、「鼻血の出たあと?」とございます。普段から時々クシャミをしたり鼻汁が出ることがございましたか?鼻血の原因は色々です。慢性鼻炎や鼻の腫瘍、カビの感染、また、上側の犬歯(キバ)の歯根が悪さをしていることもあります。もしも鼻血だとすると、少し注意したほうが良いと思われます。
前回の回答で、猫の甲状腺機能亢進症についてご説明しましたが、この疾患の場合も、高血圧から眼底出血や鼻出血が発生することがあります。また、一般的には高齢になって急にアレルギー性皮膚炎を発症することは多くないと考えられています。 飼い主様に過度なご心配をお掛けすることは避けたいのですが、ご相談内容からはやはり甲状腺機能亢進症を除外したいところです。
高齢で体調の悪い猫に無理なことをさせるのはお勧めできませんが、キャリーに入れて出来るだけ静かに移動することも難しいでしょうか?
受診可能と思われる距離にある動物病院に、一度電話で症状を伝えてご相談されてみてはいかがでしょうか?何か具体的なアドバイスを頂けるかもしれません。どうぞお大事になさって下さい。

日時2017-03-31 22:31:47

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: