イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ないちゃん(質問主)


猫アイコン 猫 8歳 メス 雑種

体重:8kg

飼育歴:8年5ヶ月

居住地:

飼育環境:

庭に居ついているノラ猫です。歯槽膿漏がひどくなり水も飲めなくなったので病院へ。猫エイズと猫白血病で腎臓・肝臓・貧血が悪化してました。もう手の施しようがないのでしょうか?

日時2016-06-07 18:40:42

専門の獣医師からの回答

歯槽膿漏とのことで、腎臓、肝臓の血液検査の値がよくなく、貧血があるとのことですが、通常、歯槽膿漏であれば全身麻酔下であれば歯垢・歯石除去か抜歯で治りますが、この猫ちゃんは、エイズも白血病もあり、そのほかの腎臓、肝臓に疾患があり、貧血もあるとのこと。
したがって、現状を考えると全身麻酔下で歯槽膿漏を治すことは困難です。
大切なことは、このような個体には、歯槽膿漏を治そうとするのでなく、、腎臓、肝臓、貧血の治療を直ちに始める必要があります。
すでにエイズや白血病の症状に関連した、これらの症状の悪化であれば誠に残念ながらよくなることは難しいかも知れませんが・・・。

日時2016-06-10 16:51:33

ないちゃん(質問主)


ありがとうございます。もう歯はありません。保護して3日目、スープを飲みまして食欲はあるようです。しばらくは点滴で様子見ます。エイズと白血病は難しいんですね…。

日時2016-06-10 18:38:08

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: