犬や猫のマイクロチップ装着義務化 健康被害を懸念する声も

 ペットショップなどで売られる犬や猫に、マイクロチップの装着が義務づけられることになった。義務化を主導した「自民党どうぶつ愛護議員連盟」(会長・鴨下一郎衆院議員)は、迷子になっても飼い主の元に戻れるようにしたり、遺棄を防いだりするためとしている。体の中に入れても、健康には問題がないのだろうか。

愛護団体、法改正は拙速と批判

 チップは直径約2ミリ、長さ10ミリ前後。注射器に似た器具を使って皮膚の下に入れる。現状では、獣医師だけが装着できる。

 6月に成立した改正動物愛護法で義務づけられたのは、繁殖業者が出荷・販売する子犬・子猫と、繁殖用の犬猫だ。3年以内に詳細な仕組みを定めて、実際に導入が始まる。繁殖、販売、所有の履歴を管理することも可能になる。

 だが動物愛護団体からは、義務化が必要かどうかの検討が不十分で、法改正は拙速だとの批判が出ている。まず懸念するのは健康被害だ。

 公益社団法人「日本動物福祉協会」の町屋奈(ない)・獣医師調査員は「皮膚に針を突き刺すので痛みを伴うことはある」と説明する。挿入後については、「犬猫の皮下組織の多くは脂肪なので、痛みはほとんどないと考えていい」。義務化を要望した日本獣医師会は取材に、「動物への障害はほとんどない」と説明し、環境省は「副作用はほとんど報告されていない」とする。

イギリスでは健康被害の報告も

 だが、NPO法人「動物実験の廃止を求める会」の和崎聖子事務局長によると、2016年に犬への装着が義務化された英国などで、健康被害が起きることがあると報告されているという。英国小動物獣医師会はホームページで、体内でチップが移動する可能性について言及しているほか、「まれにチップに反応して炎症を起こすことがある」と記している。

 「MRI検査に影響が出る」と指摘するのは、日本獣医画像診断学会検定医で新潟動物画像診断センター代表の坂大(ばんだい)智洋獣医師。MRIは電波と強い磁場を利用して画像を得るため、金属素材が使われているチップの周辺は画像がゆがんでしまうという。

 MRI検査が必要になるのは主に、椎間板(ついかんばん)ヘルニアや脊髄(せきずい)にかかわる疾患だ。チップは一般的に首の後ろに挿入されるので、装着場所と検査すべき患部が重なるケースが少なくないという。

 こうした場合、検査の前にチップを手術で取り出さざるを得なくなる。通常、手術は十数分程度で終わるが、脂肪の中にチップが埋もれていたり、チップが体内を移動していたりすると、30分程度かかることがあるという。坂大氏は「組織をかきわけて探すようなこともあり、動物には負担になる。画像に影響が出にくいよう、頸部(けいぶ)より胸部寄りの皮下に挿入するのが望ましい」と話す。

 飼い犬を繁殖させすぎて適切に飼育管理ができなくなった栃木県内の男性は昨年秋、動物愛護団体の協力を得て犬33匹にチップを入れた。このうち3匹で、チップが体内を移動し、どこにあるかわからなくなったという。

 環境省によると、チップはこれまでに犬猫あわせて200万匹程度に装着され、登録されている。これが、義務化によって一気に増える。昨年4月時点で、犬猫の繁殖業者は全国に1万2235あり、出荷・販売される子犬・子猫だけで年50万匹程度とみられる。装着の費用は数千~1万円ほどで、チップの情報を管理する日本獣医師会などにも1千円程度の登録料を支払うことになる。

罰則なく「正直に登録しないのでは」

 制度に「抜け穴」はないのだろうか。改正法では、繁殖業者の法人名や代表者の名前、住所などの情報登録も義務づけられ、トレーサビリティー(追跡可能性)の確保をはかる。繁殖能力の衰えた繁殖用の犬猫が捨てられる事態も抑止できると考えられている。

 だが、「罰則がないため、正直に情報登録をしない業者も出てくると思う」(大手ペットショップチェーン経営者)との声も。悪質な繁殖業者が、一度入れたチップを無理やり抜き出してから遺棄するような事態も懸念されている。

 チップを巡るトラブルも影を落とす。今年1月、埼玉県内の保護猫カフェが猫5匹に装着したチップについて、製造元が書類に記した番号と、読み取り機で読み取った際に表示される番号が異なる事例が見つかった。製造元は、番号を印刷する過程でミスがあったと説明する。情報の登録は書類上の番号にひもづけて行うため、番号が違えば、所有者(繁殖業者や飼い主)を正しく照合できない。

 日本動物福祉協会の町屋さんは「義務化にどういうメリットと問題があるのか、きちんと調査、検討する必要があったことは間違いない。環境省は検討会を立ち上げるなどし、精緻(せいち)に制度設計をする必要がある」と指摘している。
(太田匡彦)

【関連記事】
犬や猫へのマイクロチップ義務化 改正動物愛護法が成立
犬や猫「殺処分数」にカウントされない殺処分 専門家から懸念も

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!