紳士服店で犬・猫の譲渡会 社長と猫との出会いから始まった

 大阪府吹田市の幹線道路沿いに、毎月1回、保護犬や保護猫の譲渡会が開かれる紳士服店がある。保護団体に譲渡会場として自社ビルの空きスペースを提供しているのだ。2017年2月に始め、すでに20回を迎えたという。でも、なぜ、紳士服店で譲渡会なのか。取材してみた。

 大阪府吹田市の紳士服店「オルボ」は、輸入紳士服を手頃な価格で購入できる店。一見したところ普通の紳士服店なのだが、その3階で毎月1回、第3日曜日に譲渡会が開かれる。

 犬や猫の保護団体は、譲渡会を開くのに、限られた予算で会場探しに苦心している。そこで同店社長の高橋秀明さんが、自社ビルのスペースの無償提供を始めたのだ。

 屋根があって、空調設備が整い、天候に関係なく譲渡会が開ける理想的な場所だ。犬や猫にとって負担が少なく、会いに来る人も落ち着いて対面でき、スタッフの話を聞くことができる。

譲渡を待つ保護犬
譲渡を待つ保護犬

きっかけになった猫との出会い

 なぜ動物とは関係のない紳士服店が譲渡会場の提供を始めたのか。きっかけは、高橋さんと1匹の猫との出会いだった。

 高橋さんはかつて2匹の犬を飼っていたが、その犬が亡くなって以来、ペットを飼うことはなかった。ところが、ある日、保護団体を運営する友人から「猫を飼ってみない?」と誘われた。

「どちらかというと、私は犬のほうが好きでしたし、子どもはともかく、絶対に妻が反対すると思い、猫を飼う気はなかったのです。そこで『飼いたい種類の猫がいる。シャム猫みたいな猫なら飼う』と言いました。つまり、やんわり断ったのです」

 しかし、その約半年後、その友人からメールが届いた。「シャム猫柄の猫を保護した」とあった。

「まさか本当にみつかるとは…、と思いましたが、見に行かないわけにはいきません」

 結局、その猫と対面した高橋さんは、ひと目見て「この子を飼う」と決めたそうだ。家族を説得して、なんとか引き取った。「みる」ちゃんと名付けて、かわいがっている。

 「猫を飼うと幸せになれるといいますが、本当にそうでした。犬もなついてくれるし、可愛いのですが、猫は絶妙な距離感がいい。幸せそうに眠っている姿を見るだけでも癒やされるし、なでるとゴロゴロと喉を鳴らしてうっとりしてくれる。でも、べったり甘えるわけではなく、手を伸ばせば届くところにいる感じが気に入っています」

 みるちゃんに続き、自宅の庭に迷い込んできた猫「マーブル」くんも飼い始めた。

飼い主が見つかるのを待つ猫
飼い主が見つかるのを待つ猫

ペットショップに疑問を感じる

 約20年前には、こんな出来事もあったと高橋さんはいう。

 2匹目の犬を飼いたいと思い、ペットショップを経営する友人に「コリーを探している」と伝えたという。ところが、その友人はボーダーコリーを仕入れてきた。その時は、「探しているのはコリーだから」といったん断ったそうだ。1カ月ほどして、その犬が心配になって、ペットショップをのぞいてみると、案の定、ボーダーコリーは売れ残っていた。

「この犬、ずいぶん大きくなったけど、飼い主が見つからなかったらどうするの?」と聞くと、友人は、「生かしておいてもエサを食べるだけで……」と答えたという。高橋さんは、いたたまれない気持ちになり、結局、そのボーダーコリーを飼うことにしたという。

 その頃から、ペットショップのあり方に疑問を持つようになったという。シャム猫に似た保護猫、みるちゃんと出会って以来、さらに、保護犬や保護猫に関心を持つようになったそうだ。

 飼い主のいない犬や猫がいて、引き取られる子もいる一方で、殺処分される子もたくさんいる。

譲渡会で犬を抱く高橋さん
譲渡会で犬を抱く高橋さん

遠方からも車で来場者

 こんな現状を知って、高橋さんは譲渡会を開くことにした。「関西ペット協会」を通じて保護団体を紹介してもらった。姉も「兵庫GREEN LEAF」という団体で保護活動をしており、譲渡会のメンバーに加わったという。

 これまで開いた譲渡会は計20回。約8団体が参加し、毎回10匹ほどに譲渡の希望があるという。その場で譲渡するわけではなく、約1週間のトライアル(お試し飼育)期間を経た上で、それぞれの団体のルールに従って、後日、正式譲渡される。

 会場は幹線道路沿いで、駐車場もあり、最寄り駅からも徒歩10分と近い。紳士服店のビルだけに出入りしやすい雰囲気だ。来場者は大阪府内だけでなく、奈良や京都、兵庫からもあるという。取材当日は、奈良県十津川村から、車で2時間以上かけて訪れた夫婦もいた。ある団体のサイトで譲渡会のことを知り、気に入った犬に会いに来たそうだ。

 高橋さんは店のスタッフと一緒になって、毎月、譲渡会のチラシ約15,000枚を近隣地域に各戸配布している。来場者の1~2割は、そのチラシを見てやって来るそうだ。

 高橋さんはいう。

「ペットショップで犬や猫を買うということは、その裏で殺される子もいるということです。保護犬や保護猫との出会いの場、譲渡会のことを、もっとたくさんの方に知っていただきたい」

紳士服オルボ・犬猫譲渡会
住所:〒565-0853 大阪府吹田市春日1丁目15番5号
日時:毎月第3日曜日 正午~午後3時
電話番号:06-6385-1231 (担当 高橋秀明)
URL:https://www.olvo.co.jp/
ご質問・ご相談:メール:olvo@msf.biglobe.ne.jp  電話06-6385-1231
※日時は、変更になる可能性があります。事前にご確認ください。
※犬や猫を連れて行く場合、ワクチンなど必須。事前連絡要。

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。文春オンライン、サライ.jpで執筆。自身は、健康のために鍼灸とマッサージに通う。保護犬、保護猫、老犬介護などペット問題を温かな視線で綴る朝日新聞社「sippo」、小学館「Petommorow」の記事も好評!

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。